結婚

この関係「損している」と思ったら別れどき、冷静になった女性が学んだこと

お金と男と女の人生ルポ vol.21

相手を本当に好きなときは、たとえ周りからみて「あなたが損しているよ」と言われたところで、聞く耳をもたないもの。好きな気持ちが強すぎて、損得で愛情を計るなんてあり得ないと思ったりもするでしょう。損をしているという実感そのものがないのですから。

ただ、あるときふと気づくのです。「あれ、私ばかりが割りを食ってないか、この関係」と。その時点が、実は別れどきなのかもしれません。


彼のことが好きだから尽くしていた

「彼とは2年ほどつきあいましたが、1年半くらいたったとき、やっと気づいたんです。私、都合のいい女になってるのかなって」

苦笑しながらそう言うのは、マユさん(31歳)です。大学時代の先輩と再会し、つきあい始めたのは彼女が28歳のとき。

「30歳までには結婚したいと思っていたし、3歳年上の彼もそろそろ身を固めたいと言っていたので、結婚もありだなと。だからつい、家庭的な女を演じてしまったんですよね」

演じたとはいえ、彼女は栄養士と調理師の免許をもっているので、「演じた」わけでありません。料理は大好きなので、ひとり暮らしの彼の家に行けば必ず彼女が料理を作り、時間があるときは栄養のことも考えてお弁当を持たせたり、料理を作って冷蔵庫に入れておいたりもしました。マユさんは、とある施設で栄養士と調理士として働いているのですから、料理はお手ものもの。

「彼の口にもあったんでしょうね。『マユの料理、最高』『一生、マユの料理が食べられたら,オレ、人生ハッピーだ』って褒められて、ますますその気になって……」

褒め上手な彼は、彼女の性格や容姿もいつでも褒めてくれました。マユさんは彼のためにもっときれいになりたい、もっと素敵な女性になりたいとヘアスタイルやメイクにも気を遣うようになりました。

友達が来ることになって

「1年半くらいたったころかな、彼が『今度、高校時代の親友を呼んで家で飲み会しようと思う』と言い出して。来るのは4人。だったら私が料理作るよという話になって。彼は友だちにも紹介してくれるでしょうし、私たちの仲が盤石になるいいきっかけになるんじゃないかなと思ったんです」

彼女は有休をとって前日から彼の家に泊まり込み、下ごしらえを始めました。そして当日、やってきたのは男性ふたりと女性がふたり。男性だけだと思っていたマユさんは、少し驚いたそうです。

「まあ、でも友だちなんだからと思い直して、一生懸命、おもてなししました。だけど彼、私を手伝ってくれるわけでもなく、私はひたすらキッチンで働いているだけ。途中でワインまで買いに行かされました」

結局、きちんと友人たちに紹介もされませんでした。

Share to facebook.Share to twitter.Share to line.Share to hatena.

あなたにオススメ