キャリア

ホリエモンが「儲けた社長の始める焼肉屋」を苦々しく思う理由

食肉の歴史を勉強しないとわからないこと

Share to facebook.Share to twitter.Share to line.Share to hatena.

起業家の堀江貴文さんがプロデュースを担当する、会員制の高級飲食店などを展開するWAGYUMAFIA(ワギュウマフィア)が、新業態の焼肉店のオーナー募集を開始しました。

「普段流通しない生産者の和牛を扱えるようになる」という「焼肉社長プロジェクト」とは、どのような内容なのでしょうか。1月16日の発表会の内容から探ります。


日本には牛も馬もいなかった

WAGYUMAFIAは代表取締役の浜田寿人さんと、堀江さんが2016年に設立。東京と香港に和牛のレストランなどを展開しており、今後はロンドン、ニューヨークなどの海外旗艦店舗のオープンも控えているといいます。

新業態のスタンディング形式の焼肉店は「YAKINIKUMAFIA(ヤキニクマフィア)」。1号店が1月に新宿・歌舞伎町にオープンしました。尾崎牛や神戸牛を食べられる「YAKINIKUMAFIA BBQ BARA PLATE COMBO SET」(5,000円、税別)などのメニューを提供しています。

YAKINIKUMAFIA

緊急手術を受けたため、「焼肉社長プロジェクト」の発表会に函館から通話で参加した堀江さんは、WAGYUMAFIAの事業を手掛ける中で、仕入れ、部位、品質のほか、和牛の歴史も勉強してきたと語ります。

「魏志倭人伝に『倭国には牛馬なし』という記述があり、日本には牛も馬もいなかった。朝鮮半島から渡ってきたらしい。なぜ但馬とか近江とかで牛が飼われるようになったのか、いま食べている牛がなぜおいしいのか、食肉の歴史を勉強しないとわからない」(堀江さん)

知識がないと職人の言いなりに

しかし、一般的に焼肉店をオープンさせるのは「事業が成功して、お金に余裕ができた社長」が多いと堀江さんは指摘。そうした社長は、食肉の文化・歴史の勉強をせず、適切な仕入れの知識がないため、職人の言いなりになってしまうパターンがあるそう。結果として、安くてあまり良くない牛を扱っているケースが多々あり、「苦々しく、かわいそうと思っていた」。

「われわれは食肉業界でも料理業界の人間でもない。第三者的な視点でイチから勉強してフラットな目で見て、どの牛がリーズナブルで、どのように焼いて、店作りをすれば焼肉を楽しくおいしく食べられるか、というノウハウを確実に得てきた」(同)

堀江さんはWAGYUMAFIAが「世界で一番知られる和牛のブランドになった」と胸を張り、「目利きとしての自信があり、安定したハイクオリティの和牛を世界に向けて供給する体制を築き上げてきた。生産者との信頼も築き上げてきた。そのノウハウを社長さんに提供する」と、企画の狙いを説明します。

Share to facebook.Share to twitter.Share to line.Share to hatena.

あなたにオススメ