結婚

「年上婚」「年下婚」の難易度は? 人口減少社会で「年下好き」はイバラの道

未婚男性は圧倒的に年下希望だが……

実数で見るパートナー候補人口

2015年の国勢調査の結果を見てみましょう。

日本の年齢別の人口は、

20歳 121万人 
25歳 121万人 
30歳 140万人 
35歳 156万人 
40歳 187万人

となっています。

これを40歳から見た人口割合でみると

20歳 65% 
25歳 65% 
30歳 75% 
35歳 83% 
40歳 100%

となります。

次に世代人口でみると、

20代 1,238万人
30代 1,561万人
40代 1,840万人

となっており、40代と比べると20代は67%、30代は85%の人口です。

つまり、自分より年下の男女が全員結婚していない状態だったとしても、年下との年の差婚を希望したとたんに、(男女とも)人口比から空席が不足し、その分、結婚できない人が多くなるわけです。

少子化が加速していることで、親世代よりも子世代の方がはるかに年の差婚が難しくなっている、ということは間違いありません。こういった状況と、年の差婚が1.7歳に縮小してきていること、また、かつては少なかった年上妻婚が4組に1組にまで増加してきていることは整合性がある結果、といえます。

年下女性狙い男性よりも年上女性狙いの男性の方が、近い年齢の女性なら未婚率もあまり違わないため、対象数が多いからです。

Share to facebook.Share to twitter.Share to line.Share to hatena.

あなたにオススメ