「あぁー、、、お米たべたい」――。日本マクドナルドの公式Twitterがこう投稿して話題になったのが1月25日。その3日後、コメのバンズを使用した同社初のメニュー「ごはんバーガー」が発表されました。

17時からの時間帯の「夜マック」で、2月5日から期間限定で売り出す新商品です。パンではなくごはんのメニューを採用する背景には、何があるのでしょうか。1月28日に開かれた新商品発表会の内容から探ります。


通常バーガーよりも50円プラス

ごはんバーガーのラインナップは、「ごはんてりやき」(390円、税別、以下同)「ごはんベーコンレタス」(410円)「ごはんチキンフィレオ」(410円)の3種類。通常のパンのバンズを使ったバーガーと比べると、単品価格はそれぞれ50円プラスとなります。

メニューマネジメント部の若菜重昭・上席部長によると、ごはんバンズは国産のコメを使用。一度焼いてから醤油ダレを塗り、さらにもう一度焼くという工程で生産します。

「香ばしく、バーガーの具材に負けない深い味わいに仕上げた。お店で注文を受けてからバンズをスチームするので、おいしさが引き立つ」と、若菜上席部長は自信たっぷりに語ります。

夜マック「ごはんバーガー」

既存のバーガーですべての組み合わせを試し、最終的に豚、牛、鶏の3商品が選ばれました。バンズは新たに開発しましたが、中身の具材や味付けはそのまま。ポテトやコーラと一緒に食べた時の相性も良いそうです。

下平篤雄副社長は「2016年から構想し、足掛け5年で開発した。最も大切にしたことは、マクドナルドの味をお米で楽しめるというコンセプト。マクドナルドでしか出せない味にこだわった」と、語ります。

報道陣に配られた商品を試してみると、ベーコンレタスにごはん、という組み合わせでも、あまり違和感なく食べられました。パンからごはんにバンズが変わったことで、満腹中枢がより刺激される印象です。