趣味

ポルシェとの死闘、「スカイライン伝説」を巻き起こした“もう一人のドライバー”

“月見草”だった名レーサーが明かした

Share to facebook.Share to twitter.Share to line.Share to hatena.

今年の年明け早々、日本を代表する名レーシングドライバーの訃報が届きました。砂子義一、享年87歳。第2回日本グランプリで誕生したスカイライン伝説をはじめ、日本のモータースポーツを最後まで見守った名レーサーのお話です。


モータースポーツが国民的な人気を得た時代

名捕手にして名打者、そして名監督など、どのようにでも表現できた野村克也さんの訃報を聞き、今年亡くなられたクルマ界のレジェンドのことが頭に浮かびました。砂子義一(すなこよしかず)さんです。といっても多くの人たちはほとんど知らないでしょう。野村さんが、長嶋茂雄さんや王貞治さんの陰に隠れ、自らを“月見草”と表していましたが、砂子さんのレーシングドライバー人生も、どこか似た一面がありました。

それを象徴するレースといえば1964年に開催された第2回日本グランプリです。このレースは今では想像できないほど、日本中の注目を浴びていたグランプリで、日本のトヨタ、日産、プリンス自動車、日野、いすゞ、富士重工、本田技研、東洋工業、三菱、鈴木自工などほとんどの国内メーカーがプライドをかけて戦っていました。そのメインレースと言われたのが、あのポルシェ904とプリンス・スカイラインGTとの激闘から“スカイライン伝説”が生まれたGT-IIクラスです。

そして、このレースにも前年の1963年に2輪ライダーからプリンス自動車と契約して4輪レーサへと転身した砂子さんも走ることになっていました。ステアリングを握るのは今でも伝説の名車として知られる「スカイラインGT」です。

第2回日本グランプリ当日の砂子さん

前回の第1回日本グランプリで惨敗していたプリンス自動車にとって、このレースは是が非でも勝たなければいけません。そこでプリンス社内の公募で社員ドライバーを4名、砂子さんを始めとした契約ドライバー3名を最終的に選出し、これがいわゆる“プリンス・7人の侍”が誕生した瞬間でした。そしてGT-IIクラス制覇のために用意された7台のプリンス・スカイラインGTでレースが始まりました。

後に砂子さんご本人に聞いたのですが「はじめは誰も俺に期待などしていなかった」そうです。

やはりチームの花形レーサーは父が著名な洋画家で、見た目もモデルのようだった生沢徹さんだったといいます。「工業高校出で、二輪上がりの俺なんか期待されなくても仕方ないよね」と本人は笑っていましたが、意地だけは見せようと走ったそうです。すると、なんと予選では生沢さんに次ぐ2位。そのまま本戦を走るのですが、ここでひとつ強敵が立ちはだかりました。

Share to facebook.Share to twitter.Share to line.Share to hatena.

あなたにオススメ