「若者の時計離れ」と言われていますが、高級時計の人気は衰えていません。特に高値なのがロレックスに代表されるスポーツウォッチ。でも初心者からは「なぜロレックスみたいなデザインばかり人気なの?」と疑問も。高級時計販売店・GMT(東京・新宿)の運営会社、シュッピンの執行役員で同店営業部長も務める近藤誠さんに理由を聞きました。


スイスの時計メーカーの頂点

現在、GMTは実店舗とWebでの販売・買取を展開しており、主に並行輸入と中古の高級時計を扱っています(一部、正規販売店としての取り扱いも含む)。約2,200アイテム(2月中旬現在)を扱っており、うち新品は4分の3程度で、残りが中古・未使用品になります。ロレックス、オメガといったメジャーで高価格帯の時計を中心に、幅広く販売しています。

近藤さんによると、今の売れ筋はやはりロレックス。例えば、人気モデル「デイトナ」であれば300万円前後くらいから買えます(※モデルによってはさらに高額)。

左手前の時計がロレックス デイトナ Ref.116520

GMTではオメガやタグ・ホイヤーといった、もう少し手ごろの著名ブランドも一定の人気を得ています。ただ、ロレックスに加えて特に高級時計ファンから注目を浴びて高値となるのが、パテック・フィリップ、オーデマピゲ、リシャール ミルといった特定のハイブランドなのだとか。

「一般の人にはロレックスが(高級時計と聞いて思い浮かべる)“共通言語”だと思うが、そういった層からするとちょっと手を出しにくい、さらに高いブランドが注目されている」(近藤さん)。例えば、パテックは時計マニアの間で「雲上ブランド」と言われ、スイスの時計メーカーの中でも頂点の1つとされています。

定価の3倍超の値がつくことも

ただ、近藤さんによると、これらのブランドの中でも全モデルが満遍なく人気という訳ではなく、新品・中古品問わず人気が集中するのが、いわゆる「ラグジュアリースポーツ」というジャンルです。

スポーツウォッチとは言えあくまで機械式時計であり、強度や防水性、タイマー機能などに特化した「本当のスポーツ用」とは別物ですが、これらはオン・オフ両方でも使いやすい点などがフォーマルでクラシックな「ドレスウォッチ」系と差別化されていることもあり、人気です。近藤さんによると、GMTの売れ筋を挙げるとパテックでは「ノーチラス」や「アクアノート」、オーデマピゲなら「ロイヤルオーク」などが代表的とのことです。ロレックスの人気モデル同様、ブレスレット部分も含めステンレス系の素材を使ったモデルが主流なのだそうです。

一般的に高級時計も他のブランド品と同様、並行輸入品(正規店でない店が独自に輸入して販売する新品)や中古・未使用品だと、正規の定価よりは安めに買えるものですが、こうした人気のスポーツモデルはむしろ定価よりかなりプレミアの付いた価格で流通しているケースが多いようです。

近藤さんによると、例えばノーチラスの「5711/1A-010」モデルは、今は中古で700万~800万円程度に落ち着いたものの、ピーク時は定価の3倍超にもなる1,000万円クラスの値が付いていたそうです。

右手前がパテック・フィリップ ノーチラス「7118/1A-001」モデル