はじめに

大画面9インチでナビも地デジも高画質

通常の7インチに比べると表示面積は約1.7倍。さらにHD解像度により高画質になっています

新型ナビは9型という昨今のトレンドに沿った「大画面」が最大の特徴です。さらにHD解像度によりきめ細かく美しい表示を可能にしています。具体的にはカーナビの地図画面、地デジやDVDなどのAV画面、さらに車両周辺を表示するカメラとの接続も今回一部デジタル化したことで、とても見やすくなりました。

画面のカスタマイズが凄い

2

9インチ大画面を活かすことで地図だけでなく、車両情報やAV画面などをまとめて表示することができます。さらにこの画面自体がカスタマイズできるので、ユーザーが使いたい機能だけを選んで組み合わせることができます。

スマホとの連携はトップレベル

Bluetoothによるハンズフリー通話や音楽再生はもちろんですが、Appleの「CarPlay」やGoogleの「Android Auto」、さらに最近注目を集めている「SDL(スマートデバイスリンク)」にも対応しています。SDLは話題の「LINEカーナビ」に対応しているので、音声でナビの目的地設定やLINEの「トーク」もスマホやナビに触れることなく操作できるなど利便性も向上します。