はじめに

昨今、スマホ向けを中心とした音楽配信サービスをはじめ、浸透してきたのがサブスクリプション(定額制)サービス。これをクルマに、さらに中古車で活用しようという新しい試みをホンダがスタートしました。一体どのようなメリットがあるのか調べてみました。


全く新しいクルマの使い方を模索

ホンダが2020年1月28日からスタートした新サービスは「Honda Monthly Owner(ホンダ マンスリー オーナー)」というものです。

これまでクルマを使うという行為に対しては大きく3つの選択肢がありました。

1) 現金、またはローン等を組みクルマを「購入する」
2) 必要な時だけレンタカー、また徐々に人気が上がってきたカーシェアリングを使い短期間のみ「借りる」
3) 基本は法人向けが中心となりますが、年単位で契約する「リース」

それぞれにメリット、デメリットがありますが、昨今のクルマ離れや使い方によっては家計の負担増になるケースも見受けられました。

ホンダとしてはもっと手軽にクルマに乗ることができるサービスを模索しており、それが今回のサービスの誕生に繋がりました。

1ヶ月単位からの利用が可能

現在の対象拠点は埼玉県にある「U-Select城北(埼玉県和光市下新倉5-27-1)」のみ

実はクルマのサブスクリプションサービス自体はここ数年ビジネスとして展開済みで、昨今ではトヨタが「KINTO」、また中古車の買い取りと販売のガリバーを展開するIDOMが行う「NOREL(ノレル)」もBMWやMINIのサブスクリプションサービスを行っています。

基本的には個人向けの「マイカーリース」を改良したものと考えることができますが、実際の中身はリースよりもっと手軽に使える点が魅力です。ホンダの新サービスは契約できる車両は「中古車」に限定、最短1ヶ月から最長11ヶ月まで利用できる点、車両所有時に月々かかる保険料や税金、さらにメンテナンス代などの負担はなく、必要なのは基本ガソリン代と駐車場代のみ、またクルマに限らずこの手のサービスでネックとなる「途中解約」に関しても解約金は発生しません。