はじめに

読者のみなさんからいただいた家計や保険、ローンなど、お金の悩みにプロのファイナンシャルプランナーが答えるFPの家計相談シリーズ

今回の相談者は、借金が膨らんでしまったという23歳の女性。来月のカード代を支払うために、リボ払いを選択するか、消費者金融に借りるか悩んでいるといいます。FPの飯田道子氏がお答えします。

奨学金と消費者金融の返済に加えて、リボ払い残高が16万円もあるという悲惨な状態にもかかわらず、引越しをしてしまったため、来月のクレジットカードの支払いが20万円を超えてしまいました。

自分が悪いのですが、来月のカード代が払えそうにありません。消費者金融の限度額は87万円で、まだ枠は残ってはいるのですが、払えないカード代を消費者金融で借りるか、リボ払いにしてしまうか悩んでいます。借金を重ねない方がいいというのはわかっているのですが、どちらかといえば、どちらを選ぶと返済がラクになるのか知りたいです。

<相談者プロフィール>
・女性、23歳、未婚
・職業:会社員
・居住形態:賃貸(一人暮らし)
・毎月の世帯の手取り金額:18万円
・年間の手取りボーナス額:25万円
・毎月の世帯の支出目安:18万円

【支出の内訳】
・住居費:4.5万円
・食費:3万円
・水道光熱費:1.2万円
・教育費:なし
・保険料:親が払っている
・通信費:1万円
・車両費:1万円
・お小遣い:なし
・奨学金返済:1.2万円
・借金返済:3万円
・リボ払い返済:3万円
・その他:なし

【資産状況】
・毎月の貯蓄額:なし
・現在の貯蓄総額:なし
・現在の投資総額:なし
・現在の負債総額:87万円
 -奨学金:16万円ほど(来年4月に完済予定)
 -消費者金融:55万円
 -リボ払い残高:16万円

飯田: 奨学金と消費者金融の返済および、リボ払いを抱えている相談者様。来月のクレジットカードの支払いが20万円を超えてしまったことで、どのように返済するべきかお悩み中です。

現在の選択肢は、消費者金融から追加で借り入れる、もしくはリボ払いに変更するのかの2つにひとつ。どのようにすれば返済がラクになるのか知りたいとのことです。

緊急時での選択はどちらにするべきか?

今、相談者様は、一刻も早く解決方法を知りたいと思っているかと思います。とはいえ、どちらを選んだとしても、借りたお金を返済するためにお金を借りるという、完全なる借り入れスパイラルに陥りつつあります。これは非常事態の今回のみの対応としてくださいね。

現在、消費者金融からは55万円、リボ払い残高は16万円となっています。それぞれ具体的な会社名が不明なので一般的なデータでお話を進めていきますが、消費者金融の金利は概ね17.8%~18%程度。

一方のリボ払いの金利は15%です。現在の借入残高および金利を総合して考えていくと、リボ払いを選択した方が、支払い利息を抑えることができると思います。

相談者様は、毎月、コツコツと奨学金も返済されており、まじめな性格なのだと思います。おそらく、与えられた情報を基にして、よりよいモノ・コトを選択しようと頑張っていらっしゃるのでしょう。問題は、リボ払いが増えた後の行動です。

リボ払いを取り扱っているカード会社によっては、毎月の支払額について相談に乗ってくれることもありますし、支払日を調整してくれることもあります。今まで通りの3万円の支払いでOKなのか、もう少し減額して支払った方が確実に返済できるのか等を考えて、万一、無理だと思うなら、一度、カード会社へ電話をして相談してみてください。

カード会社は、確実に返済して貰える相談ならば、耳を傾けてくれますよ。