新型コロナウイルスの影響はとどまるところを知りません。結婚式を挙げるはずだったカップルも、泣く泣く延期せざるをえないようです。そこからいさかいも増えているとか……。


婚姻届は提出したものの

昨年暮れに3年つきあった同い年の彼と婚姻届を提出して同居、この4月に結婚式を予定していたアサコさん(32歳)。

「もともと私は結婚式を挙げるつもりはなかったんです。だけど彼が、『親がどうしても結婚式をしてほしいって。だから頼むよ』と言い出して。そこで質素に式ができるところを検討したんですが、結局は彼の両親が高価なところを見つけてきてしまって。そんなお金があったら新生活のために現金がほしかったんですけどね(笑)」

彼はひとりっ子なので、アサコさんも彼の両親の思いを受け入れ、「イヤイヤながら」結婚式をすることに同意しました。ところが2月ころからこの状況です。とても結婚式は挙げられないだろうとアサコさんは早く彼にキャンセルするよう急かしたといいます。

「だけど彼は見通しが甘くて、4月なら大丈夫なんじゃないのって。結局、3月半ばになってキャンセルしようとしたんですが、『延期ならキャンセル料は不要。中止ならキャンセル料必須』と言われ、しかたなく延期したんです」

数百万円の結婚式代、半額をキャンセル料に支払っても大変な額です。だからそもそも結婚式なんてしなければよかったのよ、とアサコさんは腹立ち紛れに彼に言ってしまいました。

「そこから大げんかになりまして。彼は彼で、『オレはアサコのドレス姿が見たかったんだ』というから、『だったら貸衣装で写真だけでもよかったじゃない』なんてことになった。そもそも、あなたは見通しが甘い、対応が遅い、なんて仕事みたいな言葉を彼にぶつけてしまった。彼はプイと出て行ったきり3日ほど帰ってきませんでした」

ようやく帰ってきた彼がぽつりと言ったそうです。

「オレ、アサコの気の強さについていけないかもしれない」