結婚

亡くなった不倫相手にもらったものを返せといわれ…発覚すれば遺族とのトラブルも

お金と男と女の人生ルポ vol.33

Share to facebook.Share to twitter.Share to line.Share to hatena.

交際がうまくいっているときは何の問題もなくても、相手が亡くなってしまったとなると話は別。思いもかけないトラブルに見舞われているという話を聞きました。


初対面で声をかけてくれて

一回り年上の既婚者と6年にわたってつきあっていたのはアイコさん(36歳)です。彼は小さな会社の2代目経営者で、彼女は業界のパーティで知り合いました。

「初対面なのに冗談ばかり言ってました。楽しい人だなあというのが第一印象。私は部長の代理で出席したので知り合いもいなかったんですよね。真っ先に名刺交換してくれたのが彼でした。『零細企業をやってます』と笑った顔が爽やかで。若く見えたので、一回り年上だなんて思いませんでした」

その数日後、会社にいる彼女の元に彼から連絡がありました。近くまで来ているのでランチでもどうですか、と。

「せっかくのお誘いだし、私ももう一度話してみたかったので応じたんです。あっという間のランチでした。今度は夕飯でもと言われて頷きました。その時点では恋愛感情はありませんでしたけど、当時、私、ちょうどフラれたばかりで気持ちが沈んでいたんです。彼と一緒にいると楽しくて、落ち込んだ気分が少し上がる。次のディナーのときはそんなことも彼に話しました」

彼は、「そうか、失恋したばかりだったんだ。ごめんね、オレなんかが誘って」と言ったそう。アイコさんは必死に首を横に振ったそうです。

たまに食事にいくやさしい人

それから月に2度くらい食事をする関係に。彼に家庭があることも聞かされていたし、彼は「新しい彼ができるまででいいから、オレとごはん食べてくれる? アイコちゃんといると楽しいんだよ」と言っていました。

「やさしくていい人。話を聞いていると奥さんとも仲がいいし、子どもたちのこともかわいがっている。こういう人と結婚すると幸せなんだろうなと思っていました」

3ヵ月ほどたったとき、食事に行く約束をしていたのですが、アイコさんは急に具合が悪くなり、キャンセルのメールを送りました。会社を早退して病院に寄ってから帰宅すると、彼女の部屋のドアノブにレトルトのおかゆやドリンク、果物などが入った高級スーパーの袋がかけてあります。

「彼でした。中に手紙が入っていて、とにかく栄養をとってゆっくり休んで、と。インフルエンザだったんですが、それから数日、家に籠もっていたのでたくさんの食品は助かりました」

歴代の恋人にそんな優しく粋なことをしてくれる人がいなかったので、アイコさんは彼の顔を思い浮かべて心が柔らかくなっていくのを感じました。と同時に、彼への恋愛感情を自覚したのだそう。

Share to facebook.Share to twitter.Share to line.Share to hatena.

あなたにオススメ