老後

新型コロナ感染拡大で死が身近に…「エンディングノート」の必要性

エンディングノートと遺言書はどう使い分けるのか?

Share to facebook.Share to twitter.Share to line.Share to hatena.

昨今の新型コロナウィルス感染拡大の報道により、人の死が他人ごとではないと感じている方も多いのではないのでしょうか。

体の不調を感じてから数週間で帰らぬ人になってしまう――。そんな現実を知っても、ご自身の「終活」についてまだ早いと思われますか?

この機会にご自身の今までを振り返ってみてはいかがでしょうか。終活の一つとして、今回は「エンディングノート」のお話をします。


エンディングノートに書くべき「3つのこと」

エンディングノートは、ご自身に万一のことがあった場合に備えて、ご家族や知人、友人などに知っておいてほしいことや伝えたい内容を書き残すために使われるノートです。今までの人生を振り返り、書くことにより気持ちの整理をし、これからの人生をよりよく生きるために活用することもできます。

書店や文房具店で販売されていたり、各自治体のホームページ等からダウンロードできるものもあります。葬儀社によっては、資料請求をするとプレゼントしているところもあるようです。

エンディングノートを書くのに年齢はまったく関係ありません。人は生まれたその時から人生の終わりに向かって過ごしていくのです。まだ若いからと思っても、今日、明日何があるかもわかりません。今回のようにウィルスの感染拡大や自然災害が起こったり、病気にかかる可能性は常に考えられるからです。ですから、“思い立ったときに始める”ことが大切です。

エンディングノートには、決まった形式はありません。多くは、ご自身のこと、ご家族のこと、友人知人のこと、お身体のこと、葬儀やお墓のこと、財産のこと、大切な方へのメッセージなどが書けるようになっています。何から書き始めてもかまいません。また、全部書かなくてもかまいません。いつでも書き直しができます。

そうはいっても、ご家族やお世話をされる方の迷いが少なくなるという意味で書いておいてほしいことがあります。以下の3つについてです。

1.介護が必要になったときのこと
2.生死にかかわる事故や病気になったときのこと
3.自分の葬儀に関すること

万が一のことがあってからでは遅い?意思がはっきりしているうちに準備を

それぞれを少し詳しくみていきましょう。

1.介護が必要になったとき
認知症や寝たきりになったときの介護について、介護をしてもらいたい人、介護をしてもらいたい場所(自宅、病院、施設など)、費用等についてどうしたいのかについて記しましょう。また財産管理の面で、誰かに面倒を見てもらうための契約(財産委任契約、後見契約など)をしているのであれば、それも書き残しておきます。

2.生死にかかわる事故や病気になったときのこと
病名や余命の告知をしてほしいのか、してほしくないのか。治る見込みのない病気にかかったときの延命治療についてどうしたいのか。臓器提供に関して、どのように考えているのか。最期を迎える場所(自宅、病院、施設等)の希望はあるのかなど、突然やってくる万が一の場合に備えて自分の希望をしたためましょう。

3.自分の葬儀に関すること
葬儀社を決めて、すでに契約をしているのか、していないのか。葬儀の規模や内容をどうするのか。喪主は誰に頼みたいのか。遺影写真を準備しているのか。友人、知人のなかで連絡をしてほしい人、してほしくない人。さらに、連絡をしてほしい時期(危篤時、死亡時、通夜・葬儀、喪中はがきのみなど)について。ご家族は、ご本人が懇意にしている方々を知らない場合が多く、お別れをしたかったのに連絡が行き届かなかったということもあるようです。

この3つは、ご自身の意思がはっきりしていて、しっかり考えることができる時期に書いていただきたいことです。

上記の他にも、ご家族が把握していないことのひとつに財産にかかわることがあります。エンディングノートには財産状況を記入するページもありますが、法的な効力はありません。財産を引き継いでほしいという対象者がいる場合は、「遺言書」の作成をお勧めします。

Share to facebook.Share to twitter.Share to line.Share to hatena.

あなたにオススメ