趣味

本命登場 「トヨタ・ヤリスクロス」がコンパクトSUVのブームを巻き起こす

日本は2020年秋に発売予定

Share to facebook.Share to twitter.Share to line.Share to hatena.

トヨタはコロナウイルスの影響で中止となった「第90回ジュネーブ国際モーターショー」で披露予定だった新型コンパクトSUV「ヤリスクロス」を、世界初公開しました。本家ヤリスに対してどのような位置づけのクルマになっているのでしょうか。


市場規模が拡大中のジャンルに挑戦

ヤリスクロスは現在日本でも販売されているヤリスをベースに、市場が拡大している「都市型コンパクトクロスオーバーSUV」のジャンルを再定義するモデルです。

02

ボディサイズは全長4180×全幅1765×全高1560mm、FFのほかにAWD仕様も設定されます

すでに定評ある新型TNGAプラットフォームによる確かなハンドリングや内装の質感の高さをキープしつつ、大胆なデザインを採用。ホイールベースはヤリスとほぼ同じ2,560mmですが、全長は+240mm、全幅は+70mm、全高は+60mmとボディは大型化されました。またSUVの特徴である最低地上高に関してもヤリスより+30mmとすることで悪路走破性を求めるというよりはスタイリングの美しさや日々の乗降性が高まるという解釈の方がしっくりきます。

パワートレーンはヤリスと共通

ヤリスには最新の環境技術を搭載しており、ヤリスクロスにも同様のパワートレーンが採用されています。

ガソリン車、ハイブリッド車とも高効率の1.5Lエンジンを搭載、ヤリスのようにガソリン車に6速マニュアルの設定はありませんが、欧州ではマニュアル車のニーズが高いのでひょっとしたらそれほど遠くない時期に搭載されるかもしれません。

駆動方式はFFをベースにAWDも設定、ハイブリッド車は電気式4輪駆動である「E-Four」になる点もヤリスと同様です。

気になる燃費性能はまだ公表されていませんが、車両重量が増すことや、それに伴うパワートレーンの細かいチューニングによりヤリスほどの低燃費は期待できないと予想します。それでもこのクラスでは(多分)ダントツの環境・燃費性能になることは間違いないでしょう。

Share to facebook.Share to twitter.Share to line.Share to hatena.

あなたにオススメ