はじめに

派遣として仕事をし、ギリギリの生活をしていた女性。そしてその恋人は劇団員で、芝居も稽古もできず飲食店のアルバイトもクビになり、肉体労働で稼ぐ日々。こんな30代のカップルは、他にもいるのではないでしょうか。


一緒に住みはじめたばかりで

何かしたくても今は動けなくて困っているというのは、エリナさん(33歳)です。今年2月半ば、アパートの更新があったので、つきあって半年ほどの彼の家に越して一緒に住み始めました。いつかは結婚したいと話し合った結果です。

「その直後のコロナ禍で、私は3月頭には派遣切りされました。彼は3月に所属している劇団の公演があるはずだったのですが、それも無期延期。同時期に飲食店のバイトも解雇されて、ふたりとも無職になってしまったんです」

3月下旬、彼は以前やっていたアルバイト先から声がかかり、引っ越しや解体などの肉体労働をかけ持ちするようになりました。

「アパート代から生活費まで、彼に何もかもめんどうをみてもらうような状態。それが心苦しくて……。ストレスがたまったんでしょうか、4月の頭にひどい腰痛で立てなくなり、緊急入院しました」

コロナウイルスではないかと疑ったが、結果は急性腎盂腎炎。細菌性の病気です。1週間ほどの入院で退院できましたが、免疫力が下がっているための罹患ですから、今後も気をつけるようにと医師に注意されました。

「恥ずかしい話ですが、私は貯金もほとんどなくて。入院費は親に連絡して振り込んでもらいました。コロナとは関係のない入院でも、今は面会すらできないんですよね。寂しい入院生活を送りながら、このままだと彼にも迷惑をかけるし、実家に帰ったほうがいいのかもしれないと思いました」

とはいえ、実家の両親は60代、さらに90代に手が届こうという祖父母も同居しています。実家を継いだ兄夫婦にはまだ小学生の子どももいるため、彼女は両親に「帰る」とは言えませんでした。