趣味

「限定500台」トヨタ・カローラの特別仕様車、差額の分だけお得?

特別仕様車と限定車をチェック

Share to facebook.Share to twitter.Share to line.Share to hatena.

特別仕様車&限定車など、お買い得度を全面に打ち出したクルマが次々と登場しています。ベース車ではオプション扱いだったパーツをたっぷり装備したり、記念モデルならではの演出があったりと、欲しい人にとってはかなり魅力的です。一方で、注意するポイントはどこでしょうか?


普段は設定のない装備を入手

新型コロナ禍の影響で特別仕様車が登場しても、その注目度が下がってしまうのは致し方ありません。そのため、せっかく欲しいと思ったのにチャンスを逃した、などということがあるかもしれません。

では特別仕様車はどの程度おトクでしょうか。最近登場したばかりのトヨタの主力車種、カローラを参考に見てみましょう。

まず特別仕様車が用意されるのはセダンとワゴンのカローラツーリングで、特別仕様車「G-Xプラス」と「ハイブリッドG-Xプラス」というモデル名で設定されました。

簡単に内容を見てみましょう。ベース車両は「G-X/ハイブリッドG-X」です。これに駐車の際に役立つサポート機能であるインテリジェントクリアランスソナー、バックガイドモニターなどの安全装備に加え、UVカット機能付のプライバシーガラスを装備しています。

さらにインテリアにはメーター周りやステアリングホイールなどにシルバー塗装を施すなど、キラキラ感をプラスして上質に演出しています。ベースになったガソリン車のカローラG-Xが197万2,300円に対して、特別仕様のGXプラスは193万6,000円となり、その差は36,300円です。ちなみにハイブリッドのG-Xのベース車両は240万3,500円、ハイブリッドG-Xプラスは243万9,800円ですから、差額は当然かもしれませんが同じく36,300円となります。

メーターまわりやステアリングホイールなどにシルバー塗装を施すなど、上質感を演出しています

例えば安全装備のインテリジェントクリアランスソナーですが、装備単体では28,600円です。さらにバックガイドモニターは27,500円なので、これだけで56,100円となり、すでに特別仕様車は19,800円のおトク。さらにUVカット機能付きソフトプライバシーガラスは本来、上級クラスには標準ですが、エントリーモデルのG-XにはUVカット機能のみのガラスしか装備されないのです。

つまり本来は設定のない装備が搭載されるため具体的な数字では出せないのですが、お得感は確実にあります。ここにインテリアにも少し飾りっ気がプラスされるわけですから、当然カローラを狙っていた人たちにとってみれば、購入に踏み切るきっかけになる内容です。

さらにカローラツーリングには特別仕様車「2000リミテッド」を設定しました。こちらは限定500台ということで売り切れも考えられます。何より魅力なのが、エンジンに最高出力170馬力の2.0Lエンジンを与えたことです。

人気のツーリングにはシリーズ初のエンジンを載せるなど限定車として魅力十分。このボディ色も特別設定色の「レッドマイカメタリック」です

これはカローラシリーズとして日本で初搭載となります。おまけにエクステリアは特別なブラック塗装の17インチアルミホイールや、シルバーメタリック塗装のルーフレールなどを特別装備したり、インテリアはシートヒーターが付いたりと、内容はかなりのスペシャルぶりで、価格は262万200円。1.8Lのガソリンエンジンを搭載するW×Bというモデルがあるのですが、これが236万5,000円ですから、その差は25万5,200円、限定車は高くなっています。

しかし、それでも限定車の装備内容を見るとその差を埋めてもあまりある内容となっているのです。何より、シリーズ初の2Lエンジンという強力な武器があります。よりスポーティで走りのいいカローラツーリングの購入を考えている人にとっては、台数限定というポイントも含め、魅力ある内容だと思います。

Share to facebook.Share to twitter.Share to line.Share to hatena.

あなたにオススメ