はじめに

知覧茶ジャムに続くご当地ジャムシリーズ

名産の知覧茶を使ったジャムを紹介しましたが、鹿児島の名産食材で忘れてはならないのが“さつまいも”。さつまいもの一種で種子島の名産である「安納芋」は糖度16パーセントと非常に強い甘みで知られています。一方で、カロリーは他の芋より低いこともあり女性に人気となっています。高水分であり、焼くとねっとりした触感も特徴。

そんな安納芋を用いたジャムとは期待が膨らみます。蓋を開けた瞬間、甘い香りが広がります。口に含むと意外にも粘土はそれほど高くなくて食べやすいジャム。ほのかな自然の甘みと安納芋の上品な風味が口中に広がります。言うなればスイートポテトを凝縮したような味わいでしょうか。純度の高い濃厚な生クリームを合わせて作られる逸品ジャムです。バケットをはじめ、ヨーグルトやケーキ、パイなどに相性が良いでしょう。

城山ホテル鹿児島は、朝食ブッフェのレベルが非常に高く「城山ホテル鹿児島といえば朝食ブッフェ」という全国区の人気です。もちろん館内のレストランクオリティもお墨付き。人々のハートを掴むホテルグルメの土壌には、グルメに対するホテルの真摯な姿勢があります。それはテイクアウトグルメも同様なのでしょう。

[PR]NISAやiDeCoの次は何やる?お金の専門家が教える、今実践すべきマネー対策をご紹介

この記事の感想を教えてください。