SUBARUのスポーツセダンの代表車種である「WRX S4」に特別仕様車である「WRX S4 STI Sport #」が設定されました。今回は500台という限定販売、その魅力に迫ります。


常に完売する人気のコンプリートカー

SUBARUのモータースポーツ部門を担当する「STI(スバル・テクニカ・インターナショナル」はこれまでも世界で数々のモータースポーツに参戦し、高い実績を上げてきた企業です。

このSTIがSUBARUで販売されるクルマをベースに特別なチューニングを施してきたのが「コンプリートカー」と呼ばれるものですが、常に人気が高く、ほとんどが完売するのがこれまでのパターンでした。

昨今では2019年の東京モーターショーで披露されたWRX STI特別仕様車「EJ20 Final Edition」は555台の限定抽選販売に対し、約1万3,000台の応募が入り、その倍率は23.4倍というから驚きです。

ボディカラーは写真の特別設定色「セラミックホワイト」含む4色となります

これまで販売してきたコンプリートカーはそのモデルごとにしっかりとしたコンセプトを立て、専用パーツの搭載や実際のテストでハンドリング性能を磨き上げてきたいわゆる「珠玉の1台」。この流れを汲むのが今回の特別仕様車なのです。