はじめに

「セカンド」でもいいから彼と一緒にいたい、つきあっていたい。そう思う女性もいます。それでも好きであればあるほど日々、ストレスは募っていく。自分の気持ちに正直に生きようと決めたとき、何かが変わっていきます。


セカンドでいいと思っていたけれど

友だちづきあいから始まったものの、気がつけば彼のことが大好きになっていた。そこで自分から告白したというのは、ハルコさん(34歳)です。

「ネットのコミュニティから派生したグループがあって、みんな気が合ったので月に1,2回会っていたんです。2歳年下の彼とはそこで出会いました。帰宅する方向が一緒だったので、いつも帰りはふたりでもう一軒飲みに行ったりして。すごくいい友だちで、本音を言い合える関係だった。なのにある日、ふと気づいてしまったんです。私は彼のことが好きなんだ、と」

それが2年半ほど前のこと。当時、彼女はつきあっていた恋人と別れたばかりでした。自分の気持ちを検証してみると、彼のことが気になって恋人への気持ちが疎かになっていったと認めざるを得ませんでした。

「それからは彼の顔を見るのもつらくなっていって……。彼には恋人がいるのも知っていましたし。だけど好き。その思いが募って、ついに告白したんです。つきあってくれなくてもいいけど気持ちを知っておいてほしくて」

彼の返事は、「僕もハルコさんとの関係は大事にしたい。でも恋人がいるのも事実。もしそれでもいいならつきあいたい」というものでした。

「普通だったら、ふざけるなと言いたいところですが、私、それでもいいと言っちゃったんです。友だちでいることが苦しくなっていたので」

それでもしばらくは「友だち以上恋人未満」の関係は続きました。あるとき、彼女は彼と飲みに行った帰りに、少し強引に彼の部屋に押しかけます。

「きれいな部屋でした。彼女がときどき来ているみたいで、洗面所には彼女の化粧品などもありましたね。それを見ると胸が痛くなったけど、やっぱりセカンドでもいいから彼とつきあっていきたい。そう思ったんです」

彼女にしてみれば惚れた弱みがあったのでしょう。そして、ハルコさんが本気で自分を好きなのだとわかった彼のほうは、少しずつ態度が大きくなります。惚れられているがゆえに傲慢になっていったのです。