今では当たり前のように使われるようになった「地図アプリ」。それを車載用に進化させたのが「カーナビアプリ」です。これまでも人気の高かった「Yahoo!カーナビ」が6月25日に大刷新を行いました。


常に最新へアップデート

Yahoo!カーナビは2014年にリリースされたスマホ向けのカーナビアプリです。対応するのはiPhoneなどで使われるAppleの「iOS」、そしてGoogleが展開する「Android OS」の2つに対応、またスマホだけでなく一部のタブレットでも使うことができます。

Yahoo!カーナビに限ったことではありませんが、この手のアプリはバグ(プログラム上の誤り)が発生してもすぐに対応して改善できる点が大きなメリットです。言い換えれば新機能を実装することも容易でこのアプリも含め数種類のカーナビアプリを使っている筆者が(ざっくりと)調べた限りでもYahoo!カーナビは月に1~2回更新を行っていることがわかります。

地図の表示方法を大刷新


Yahoo!カーナビはiOS、Android OS共に対応、一部のAndroid端末は後日対応予定です

今回の「Yahoo!カーナビ」。最大の特徴は地図デザインが新しくなったことです。細かい技術などは割愛しますが、システムを最新仕様に改め、定評のあるゼンリン社製の地図情報をこのシステム上に表示します。

地図上の建物をナビ使用時には表示しないことで道路がわかりやすく見えます

細かな部分は写真で新旧を比較してもらえばすぐにわかります。元々Yahoo!カーナビの地図画面は見やすいことやカスタマイズのしやすさ、さらに前述したように機能のアップデートを頻繁に行ってきたので、その基本中の基本である「地図の見やすさ」が進化した点は最もユーザーには恩恵があります。