はじめに

進化は続く、でも無料が嬉しい


アップデートされたiPhoneの地図。すっきりしており必要な情報だけが手に入ります

この他にも地図の起動時間が早くなったり(従来比約80%)、実際iPhoneで使ってみても情報がかなり充実していることがわかりました。

また昨今話題のナビアプリを大画面で表示し活用できるDA(ディスプレイオーディオ)にも対応。Appleの「CarPlay」、Googleの「Android Auto」のほか、トヨタを中心に展開を行っている「SDL(スマートデバイスリンク)」の一部にも対応しています。

ただ今回、速攻でインストールして使ってみたのですが、筆者が所有する8台のスマホ(タブレット)の内、iPhoneはokでしたが一部のAndroidにはまだ対応していませんでした。これに関してはじっくり待つしかありません。

筆者のアップデートされなかったAndroid携帯の地図。スカイツリーなどの建造物で少しみづらい

それでも使えば使うほど便利な機能が実装されていくのがナビアプリのメリットです。何よりも通信料を除けば無料なのは嬉しい限りです。

緊急事態宣言が解除され(まだ気は抜けませんが)、県をまたいだ外出が可能になった今日「急に明日でかけよう」という事も出てくると思います。そんな時でもドライブのお供として役立つのがこの手のアプリです。

[PR]NISAやiDeCoの次は何やる?お金の専門家が教える、今実践すべきマネー対策をご紹介

この記事の感想を教えてください。