はじめに

先日、「マツコの知らない世界で人気沸騰したホテルが経営破綻!その非情な現場」というタイトルで執筆した大型リゾートホテルの破綻レポートへ大きな反響をいただき、当該記事の補足的な内容や、掲載後の反響などについて執筆のオファーをいただきました。今回、改めてここにまとめてみたいと思います。


突きつけられた悲しい現実

過日、あるメディアでリゾートホテル破綻の現場レポートを執筆しました。そのホテルとは滋賀県大津市の「ロイヤルオークホテル スパ&ガーデンズ」。人気テレビ番組「マツコの知らない世界」(TBS系)など各メディアで紹介した、個人的にも思い入れのあるホテルでした。破綻といっても法的にさまざまな形態がありますが自己破産申し立てとのこと。

現地へ出向くと、破産財団の管理という面もあるので、建物への侵入をはじめ動産等の持ち出し禁止などを告知する貼り紙が当然になされていましたが、この貼り紙がホテルならでは高いホスピタリティ(感謝の思い)やホテル愛と非情なる現実との落差の象徴と感じ、写真に収め記事のサムネイル写真として使用しました。

寄せられたのは「メール」だった

記事中では、破綻を知らされたその日の現場についてもレポート。当日100人近くいた全く何も知らないスタッフが宴会場に集められました。その場で突然破綻・破産・全員解雇という事実を知らされ、さらに3時間以内にホテルから出て行くこと、今いないスタッフへは電話で連絡することなど、複数の元スタッフへの取材からリアルな現場を綴りました。

また、ホテルが歩んできた歴史や破綻に至った経緯、とあるスタッフにスポットを当てた解雇、現実の生活への不安などについても取材・執筆、結果としてコロナ禍は直接的な原因とされているものの、ホテルの過去を振り返ると、バブル崩壊後は業績が落ち込み当時の運営会社が一度経営破綻、2003年7月から事業再開した経緯があります。また、最近ではオーナーチェンジもなされました。このように財務的には厳しい状態が続いていたことがうかがえるなど大型リゾートホテルならではのリアルなドラマも表現しました。

記事が掲載されると大きな反響をいただき、評論家として生活してきた中で最も読まれた記事といっても過言ではない結果となりました。筆者の執筆量としては、ウェブメディアでいえば月間20本超といった程度で年にすると250本ほど、評論家になってからの累計では恐らく1500本くらいになります。

その中での最も反響のあった1本ということになりましたが、全く予測していない反響だけにかなり驚きました。とはいえ、掲載直後反響が押し寄せていることを直感したのが「メール」です。一般的に記事が拡散するとコメント機能がある媒体では多数の匿名コメントは寄せられます。記事への賛同・批判も含め参考になる内容も多く、その後の執筆にも生かしていくのですが、今回のような読者から筆者への直接的な反応はほとんどありません。

ところが、この記事に関しては差出人名の入った複数の感想メールが筆者へ寄せられました。その多くがホテルを利用したことがある方、中には元ホテルスタッフや親族などの関係者からのものもありました。記事では“ご当地に愛されてきたホテル”という表現をしましたが、多くのメールでまさにそうしたホテルへの思いが綴られていました。