はじめに

地元に愛されたホテルだった

ご当地では知られる存在だった大型リゾートホテルは、コミュニティ的な機能も高かったことでしょう。旅人の宿泊だけではなく、レストランでの家族との団らん、結婚式、デート、会社の宴会、有名人のディナーショー・・・地元の人々でも賑わった地元愛あってのホテルだったことが想像できます。

そんなホテルだけに街に住んで生活している人々の声は重いものがあります。数日間程度取材へ出向いて書き上げた筆者の記事は、読者からのリアルなメールによりその無力感を際立たせました。でも同時に、希有な、それもリアリティの詰まった感想メールをいただくことで、これほど書き手が勇気づけられることも知りました。何より差出人の名前が入っていることは、ホテル愛を感じると共に温かな気持ちにさせてくれました。

読者からのメールや反応については対応に限界があり、通常、筆者としてレスポンスすることは控えているのですが、今回は掲載許諾の関係で個別にメール返信しました。みなさんから「まさか返信いただけるとは思っていなかった」と言っていただき、さらに温かな気持ちになりました。とかく無味乾燥な日々にあって人々の体温を感じられるメールは嬉しいものです。

コロナ禍の影響は重く、宿泊施設の破綻も続いています。ホテルに限らず、たったひとつのニュースにもその裏側には多くの人々の葛藤や思い、感情があることを今後も想像していきたいと思います。

この記事は参考になりましたか?