ライバルひしめく、コンパクトSUVセグメントで健闘するメルセデス・ベンツのエントリーSUV「GLA」が、初めてのフルモデルチェンジで2代目へと進化しました。まず導入されたのはディーゼルエンジン搭載の「GLA200d 4MATIC」だけ。1グレードのみの展開ですが、さっそくチェックしてみました。


「SUVらしさ」を求めた

コンパクトSUVとは言いますがボディサイズは全長4410mm、全幅1834mm×全高1611mmで、それなりに大柄です。最近デビューして話題となっているトヨタ・ハリアーと比較して全長は短いものの、全幅や全高はほぼ同じようなサイズ感ですから、ミドルサイズと言っていいでしょう。

今回のフルモデルチェンジで、旧型よりサイズ面で大きな変更点と言えば、全高が100mm以上も高くなったことでしょう。日本の都市部での使い勝手を考えると、いわゆる「標準サイズ」という機械式駐車にも対応できた旧型のサイズ感ではなくなったわけです。大都市部などで気兼ねなく乗り回すのであれば、全高を1550mm、全幅を1850mm以内なら、一般的な機械式駐車場のサイズ枠に収まってくれるのですが……。

リアのボディも厚みが増してSUVとしての押し出し感がある

では今回、全高を高くして、よりSUVらしい佇まいとしたのはなぜでしょう。導入の際の解説には“よりオールラウンドに使えるSUV”とありました。つまり都会派だけではなく、SUVがもっとも得意とするアウトドアフィールドでの走りや使い勝手を向上させたことになります。

確かに2014年から日本に導入された初代GLAは、正直言ってハッチバックモデルのAクラスの車高を上げて、オフロード風味をトッピングした、という感じでした。駆動方式も4WD(4輪駆動)だけでなく、FF(前輪駆動)もラインナップされていました。全体のイメージはAクラスのクロスオーバーSUVですね。

ところが今回はボディに厚みを持たせ、ロードクリアランスも確保し、何よりも前後のオーバーハングを短めにしてオフロードでの走りにも十分に対応できるといった、SUVらしいデザインになっています。さらにフロントにはクローム仕上げのアンダーガードなども装備されていますから、SUVならではの力強さ、押し出し感が上手く演出されています。外観を見る限り、同じプラットフォームを使っているハッチバックのAクラスやBクラスとは確実に違った、SUVとしての存在感があります。