日本はもちろん世界でもベストセラーの1台であるBセグメントのプジョー208がモデルチェンジを行いました。従来までのガソリン車にプラスして何とピュアEV(電気自動車)となる「e-208」も同時発表。日本の自動車市場にかなりのインパクトを与えるモデルです。


8年ぶりのフルモデルチェンジ

昨年の3月のジュネーブ・モーターショーでお披露目された2代目となるプジョー208。日本への導入の声も高まっていましたが7月2日に正式発表されました。

元々「200番台」のプジョー車は特に日本で人気が高く、低価格で高性能、そしてブランディング戦略の上手さから常に販売を牽引していました。

今回の新型も当然期待がかかるわけですが、ここには驚くべきモデルがラインナップされていました。それがピュアEVである「e-208」の存在です。

まさかの日本同時発表

待望のEV(電気自動車)となるe-208も同時に発表されました

前述したようにこの「e-208」は海外で発表済みです。しかし、日本ではピュアEVと言えば日産リーフが筆頭、輸入車ではBMW i3などがありますが、インフラや航続距離などの問題もあり、普及自体はそれほどではありません。

「e-208」の導入は少し遅れるのではないか、という予想もありました。後述しますが「e-208」自体の販売はガソリン車より少しだけ遅くなりますが、価格やスペックなども含め一気に発表したことからもプジョー(Groupe PSA Japan)の本気度がわかるほどです。