はじめに

ポイントや割引券の期限などをチェック

いつもと生活が変わって、買い物のために店舗に行かずに、ネットショッピングが増えたという方も多いでしょう。

お店のポイントや割引券などがあっても、しばらく行かない間に有効期限が切れているかもしれません。せっかくなのでチェックしておきたいですね。

とはいえ、期限が切れていても、特例として使えるケースもあります。少し前に筆者が、久しぶりに外出して店舗で使える500円券を使おうと思ったら、自粛期間中に期限が切れていたのです。「仕方ないか」と思いましたが、レジに「自粛期間中に期限が切れたものでも、9月まで使えます」と書いてあり、無事使うことができました。

他にも、洋服ブランドや化粧品のお店から、「自粛期間中に有効期限切れになったポイントは、○月まで延長しましたので、お使いください」というメールもきました。お店側も、今後も愛用してほしいという思いもあり、ポイント等の期限の救済措置を取っているのでしょう。

そんな形で、ポイントや割引券が期限切れでも使えるケースもありますので、一度確認しておきたいですね。また、ポイントや割引券に振りまわされないよう、不要なものは処分してしまうことをおすすめします。

不用品は、フリマアプリなどで手放す

少し前までは、コンビニや郵便局などが“密”になったり、宅配業者のキャパオーバーとなったりするニュースもあり、フリマアプリやネットオークションの利用を避けていた方もいるでしょう。状況が少しずつ緩和されてきたため、そろそろこれらを活用するのもよいかもしれません。

筆者は今年3月ごろに、使わなくなった財布をネットオークションに出してみました。結構傷んでしまっていて、買い手がつかないと覚悟していたのですが、傷んでいる個所を具体的に明記したのにもかかわらず、3500円ほどで売れました。

リサーチも兼ねて、2001年ごろからネットオークションを利用していますが、自分にとっては不用品でも、思わぬところに光があたり、誰かには活用してもらえることに何度も驚いています。ちょっとしたお小遣いになることと、それまで気に入っていたものを捨てなくても済むこともうれしいですよね。(ただし、「不要になったら、ネットオークションやフリマアプリで売ればいいか」と、余計なものを買ってしまうことには要注意)。

連絡や梱包、発送などの手間はかかりますので、時間や余裕がある方は、部屋を片付けがてら、お小遣いにつなげてみてはいかがでしょうか。


以上、部屋や心をスッキリさせる、プチ節約術をお伝えしました。心がスッキリすると、在宅勤務の仕事もはかどり、安定した生活につながるはずです。ストレスがたまらないよう、自分にとって無理のない方法があれば、試してみてください。

[PR]電気代や通信費、毎月の出費だからこそ見直す価値あり!手間なく、すぐにできる改善方法はコチラ

この記事の感想を教えてください。