はじめに

コロンとかわいいこちらのケーキ、手作りしてみてはいかがでしょうか?レモンの酸味が爽やかな「レモンケーキ」のご紹介です。生クリーム入りでしっとりと、卵をしっかり泡立てることでふわふわと、「ふわっ、しっとり」なスポンジは一口食べれば幸せな気持ちになれます。

レモンの形に焼くための「レモン型」は製菓材料店で手に入ります。(もちろんお手持ちのパウンド型、マフィン型でも焼くことは可能です。)

手作りのスポンジケーキは、市販のものとは一味違います。卵の風味を感じる、優しい優しいお母さんの味です。焼き立てを一つ味見してみて下さい。あなたもきっと、温かなお母さんの記憶が蘇るはずです。

最後にシャリシャリのレモンアイシングをたっぷりかけて、爽やかなレモンの酸味が良いアクセントに。暑い夏にぴったりの焼き菓子です、ぜひお試しください。


「コロンと可愛い レモンケーキ」材料(レモン型6個分)

スポンジ生地

材料 分量
★薄力粉 60g
★アーモンドパウダー 20g
★ベーキングパウダー 大さじ1/2
卵(全卵) M2個
生クリーム 大さじ1
グラニュー糖 50g
無塩バター 50g
レモン 1/2個

レモンアイシング

材料 分量
シュガーパウダー(粉糖) 100g
生クリーム 大さじ2
レモン汁 大さじ2程度
生ピスタチオ お好みで

「レモンケーキ」の作り方

1. ★印の粉類を合わせてふるう。レモン1/2個を絞りレモン汁を用意する。余った皮はすりおろしておく。生ピスタチオは沸騰した鍋に入れ、2分程茹でて皮を剥き、細かく砕いておく。

2. ボールにバターを入れ、グラニュー糖の半量を加える。600wの電子レンジで1分加熱し溶かす。ホイッパーでよく混ぜる。

3. 2のボールに生クリーム、レモン1/2個分のレモン汁、すりおろした皮を入れ、ホイッパーでよく混ぜる。

4. ふるった★印の粉類を加え、ヘラで下からすくい上げるように混ぜる。(粉の固まりがなくなるまでよく練り混ぜる事。)

5. 別のボールに卵二個を割り入れ、残り半量のグラニュー糖を加え、電動ホイッパー(強)でツノが立つまで泡立てる。最後にホイッパーの速度を(弱)にし、きめ細かく仕上げる。

6. 4のボールに卵の1/3量を加えヘラで混ぜ合わせる。残りの卵も加え、ヘラで下からすくい上げるように混ぜ合わせる。

7. 薄く油を塗ったレモン型の淵の部分まで生地を注ぐ。型を少し上から3回落とし、生地の空気を抜く。180℃」のオーブン(下段)で13分焼く。焼き上がったらオーブンからすぐに取り出し、上の方からストンと一回落とし、焼き縮みを防ぐ。型から取り出しケーキクーラーの上で冷ます。(取り出す際火傷に注意する事)

8. レモンアイシングを作る。ボールにシュガーパウダー、生クリームを入れる。レモン汁は大さじ2程度だが、アイシングの状態を見て調整する。ホイッパーで混ぜ合わせる。

9. 冷めたレモンケーキの上部を9のボールに入れてアイシングをつける。上手くつかない部分はスプーンで上からかける。ピスタチオをふりかけ、アイシングが固まったら完成。

おいしく作るポイント

・レモンを皮ごと使うレシピです。防カビ剤不使用のレモンを使ってください。
・焼成時間はご家庭のオーブンによって調整して下さい。爪楊枝をさして生地がついてこなければ焼き上がりです。

レシピ/ akari
4歳、1歳 兄妹の母。フードスタイリスト、食育メニュープランナー。野菜をたくさん取り入れること、旬のものを食べて四季を楽しむこと をモットーに毎日料理しています。instagramには、家族の為に作った日々の御飯を投稿しています。

(この記事はケノコトからの転載です)