はじめに

有名チェーンホテルの開業やメディアで注目されるような新しいホテルは多くありますが、この連載ではホテル評論家が新規開拓したおすすめホテルをレポート。今回は東京・蒲田に新たに開業した「ホテルシンシア東京蒲田」を紹介します。変わったレイアウトの客室など新たな発見のあるホテルです。


開業が続くホテル

近年のホテル活況は多くのホテルを誕生させました。その多くは宿泊特化型のホテル、いわゆるビジネスホテルが多くを占めます。一方で2020年に入り東京オリンピックへ向けて盛り上がっていた業界でしたが、一転、新型コロナウイルスの影響で破綻するホテルが相次ぐ中で、プロジェクトそのものが白紙になるケースや建設が頓挫しているホテルも出てきています。

ただ、開業間近だったという施設では、開業を延期させたもののオープンのタイミングを見計らっていたケースも数多くありました。今回は、緊急事態宣言が解除され徐々に経済活動も優先する空気が広がる中で、7月3日に開業した新しいホテルをレポートします。

賑やかな蒲田駅周辺

ホテルシンシア東京蒲田

訪れたのは東京都大田区蒲田。多摩川を渡れば神奈川県川崎市という都県境エリアです。町工場なども多く見られ、昭和の雰囲気を色濃く残す街として根強い人気を誇ります。街として見た場合にJR蒲田駅周辺と京急蒲田駅周辺に大きく分かれます。東急線の乗り換えもできるJR蒲田駅のホームに降り立つと、発車メロディが蒲田行進曲であることに気付きます。

ホテルシンシア東京蒲田

蒲田には戦前に松竹キネマ(現・松竹)の映画撮影所がありました。“キネマの都”とも言われ、映画「蒲田行進曲」でも一躍その地名は全国区になりました。蒲田行進曲のテーマソングは、まさに蒲田を象徴するメロディとして駅のホームで聴くことができます。

ホテルシンシア東京蒲田

JRも京急も含め蒲田駅の周辺にはアーケードを中心に安い飲食店や商店などが多くあります。物価も安く生活のしやすさが想像できます。ホテルシンシア東京蒲田は、京急蒲田駅の西口から徒歩3分、アーケードを通って右折するのが近道です。JRの蒲田駅からだと東口より徒歩8分です。