はじめに

新型コロナ感染症の影響で、会場で行われる音楽ライブや演劇、スポーツイベントなどが軒並み苦戦を強いられています。今後しばらくは、3密を避ける対策やソーシャルディスタンス確保などの感染症対策を行い、コロナと上手く付き合いながらビジネスを行うウィズコロナ体制で興行することになるでしょう。

しかし先般、新宿の劇場でクラスター感染が発生したことは業界にとって大きな痛手となり、更なる対策が求められることが考えられます。そのため、今後しばらくは収容人数と比べて動員人数は低くなる見込みです。動員人数が下がれば収益化することが難しくなるため、他に収益を求めることになるでしょう。

そこで今回は、オンラインによるライブ配信に注目してみます。リアルタイムで配信されるものや後日にストリーミング形式で配信されるもの、どちらも今後の成長が期待できると見ています。


政府も後押し、日本発コンテンツのライブ配信

6月25日、サザンオールスターズが横浜アリーナにて無観客配信ライブを行い、8つのライブ配信メディアにて一斉同時配信を行いました。

このライブは視聴券を購入する形式で、興行的にも成功を収めたと見られます。このライブ配信へのトレンドに追随する動きがあることから、ライブ配信サービスおよびアプリが急成長する可能性があると考えられます。

実は、このライブ配信事業へは政府による後押しもあります。コンテンツグローバル需要創出等促進事業費補助金(通称:J-LODlive ジェイロッドライブ補助金、Japan content LOcalization and Distribution live)です。海外向けへ、日本発のコンテンツのライブ配信を促進するもので、令和2年度補正予算額として878億円を計上しています。

その内容は、新型コロナにより公演を延期・中止した事業に対して、今後実施するライブ公演の開催及びその収録映像を活用した動画の作成・海外へ配信するための費用の一部(補助率1/2 5000万円/1件)を補助する事業です。

日本ブームを創出し、関連産業の海外展開拡大や訪日外国人の促進につなげる政府のクールジャパン戦略の後押しをするものです。ライブ配信は海外への展開もしやすいと見られ、国内だけでなく国外にも市場を広げていくことで、さらなる成長にも期待ができると考えられます。