はじめに

子どもにお金の大切さや金銭感覚を学ばせたいとおこづかい制度を導入している家庭は多いと思います。私が講師としてお話をさせていただく時には、参加者の皆様に「子どもにおこづかいをあげているか」について質問をさせて頂いています。

実感では、小学3年生以上の7割くらいの家庭がおこづかいをあげています。また、今はあげていないがこれからあげたいという家庭がほとんどです。

小学生中学年になれば、おこづかいをあげている家庭がふえていきますが、家庭でのルールは何か決めていますか。約束ごとを決めておかないと、その都度解決をしなければならなくなります。また、親の対応が毎回違っていては子どもが振り回されてしまいますし、親への信頼度はガタ落ちに。

そこで、おこづかいを始めるために、家庭でのルールを決めておきませんか?今回は、わが家の「おこづかいルール5か条」を紹介します。


わが家のルールは5つのみ

ルールはいくつでもいいのですが、子どもが覚えられる数がいいと思います。わが家では5つとしました。

【ルール5か条】

1 お金の貸し借りはしない
2 お金は鍵がかかる場所に保管
3 本当にほしい(必要)かどうか、3日間考える
4 失くし物は探す
5 困ったときこそ親に相談する

どれも当たり前の事柄なのですが、大切なことはなぜこれを約束としてルールに入れるのか、その理由です。

理由がきちんとなければ、約束事態が無意味になりますし、せっかく約束ごとを守るのですからその行動が無意味になってしまいますよね。

そこで、守ってほしい約束とその理由は何かを考えてみましょう。

5か条とその理由とは

ルール5か条のその1は、「お金の貸し借りはしない」

借りることは、なぜダメなのかというと、借り癖を付けないことと、我慢をすることを経験させるためです。たとえば、今月のおこづかいがピンチだとします。

そうすると、来月のおこづかいを前借したいと考えることでしょう。ここで、子どもが親に交渉し、親は「今回だけだよ」という条件で前借させたとします。親にしたら、本当に今回だけのつもりでも、子どもにとっては「(しめしめ)次もこの手が使えるぞ」と考えるのです。

社会人になって、手もとのお金が足りなくなっても、会社は翌月の給与を前借させてはくれません。我慢を経験しないと、前借できない代わりに、キャッシングや消費者ローンなどでピンチを切り抜けようとします。

我慢をした経験があればその経験は自信となってくれます。何とか倹約してピンチを切り抜けようと知恵を絞ります。また、お金を貸すこともダメです。特に子ども同士ではトラブルの原因になり、最悪、友達関係にヒビが入ってしまうことも。

ただ、高校生からは理由によってはお金の貸し借りOKとしました。「我が子がお金を借りたいと言ったら?親だから出来るお金のしつけ」で紹介しましたが、高額な物を買うときに親が立て替える場面もあるでしょう。また、高校生になると奨学金について知る機会がありますので、お金を借りるという意思決定を自分で決断することもできます。