はじめに

2019年の東京モーターショーでコンセプトカーとしてお披露目され人気を集めたスバルのステーションワゴン「新型レヴォーグ」。8月20日より予約が開始されました。同社の最先端技術を搭載するレヴォーグ、10月15日の発表(予定)前に“プロトタイプ”という形で試乗する機会に恵まれました。新たに搭載された先進安全技術である「アイサイトX」の実力は驚くべきものでした。


全てを刷新、シンプルなグレードで構成

今回6年ぶりのフルモデルチェンジとなるレヴォーグですが、現在のスバルの国内販売を牽引するモデルでもあります。

新型レヴォーグのグレード構成はベーシックながら充実した装備が魅力の「GT」、中核グレードで上級装備を搭載、最も販売数が見込める「GT-H」、そして走行性能を高めた最上位の「STI Sport」の3つになります。ただし、これに後述する新機能である「アイサイトX」を標準搭載した「GT EX」「GT-H EX」「STI Sport EX」が設定され、トータルでは6グレードをラインナップします。

駆動方式は全てフルタイムAWD。搭載するエンジンは新開発の1.8L水平対向4気筒直噴ターボにリニアトロニックと呼ばれるCVTを組み合わせます。エンジンに関しては前モデルが1.6Lと2Lの2種類が設定されていましたが、今回は環境性能(燃費)と走りの良さを両立させるためにちょうどその中間の1.8L、最高出力130kW(177PS)/5,200-5,600rpm、最大トルクは3L車の並み300Nm(30.6kgfm)/1,600-3,600rpmを発生します。またこれまでスバル車は燃費が少々厳しいと言われてきたことに対し、JC08モード燃費は16.6km/L(WLTCモード燃費は13.7km/L)、さらにレギュラーガソリン仕様とすることでおサイフにも優しくなっています。

新コンセプトによるデザイン

新型レヴォーグのボディサイズは全長4,755×全幅1,795×全高1,500mmと前モデルと比較してもそれほど変わりません。これは日本の道路事情を考えたサイズでもあり、取り回しのしやすさなども考えられています。


リアバンパーの両サイドにはスバル初となるエアアウトレットを搭載します

スバルにはデザインコンセプトとして「ダイナミック&ソリッド」というものがあり、昨今のスバル車はこれに基づきデザインされています。そしてレヴォーグはそれをさらに進化させた「BOLDER(ボルダー)」というコンセプトを打ち出してきました。

BOLDER=大胆、の意味の通り、スバルが顧客に提供する価値や、クルマそれぞれが持つ個性をより“大胆”に際立たせるという思いを込めているそうです。

基本的なデザインは前モデルを踏襲しつつ、ヘッドランプ周辺の精悍なデザインや特徴的なヘキサゴングリルなど全体からは前モデル以上にスポーティさを感じることができます。特にプロトタイプの実車を目にすると写真ではわかりづらい塊感やキレの良い造形を感じることができます。