はじめに

ついに本腰を入れたインフォテインメントシステム

スバル車はこれまでカーナビなどのインフォテインメント領域や通信を使ったテレマティクス領域についてはやや出遅れていました。しかし新型レヴォーグからは満を持してのシステムを搭載しています。

システムとしてはアイサイトXに12.3インチのフル液晶メーター、そして11.6インチの縦型ディスプレイ(ナビ機能含む)、そしてコネクテッドサービスである「STARLINK」をセットにしてメーカーオプションとして設定します。

11.6インチの大画面、項目はカスタマイズ可能。エアコンの温度調整はハードキーで行います

車両本体の価格はまだ出ていませんが、このシステムは35万円高(税別)で設定されるとのこと。内容を見るとアイサイトXだけでも驚くべき進化なのにナビなどを全て加えてこの価格に抑えたのは驚き、買いの装備であることは間違いないでしょう。

12.3インチのフル液晶メーターは標準的な2眼メーター表示の他、前述したアイサイトXの動作状態やカーナビ画面の表示など切り替えて使うことができます。

11.6インチの縦型ディスプレイは良く言われるタブレット的な使い勝手が可能です。カーナビ本体だけでなく、スマホ連携もしっかり行えます。音声認識機能も搭載しますが、良く使う機能のアイコンをスマホ的にカスタマイズできることなど時代に合った設定も搭載しています。

地図更新に関しても差分更新&全地図更新なども予定されており、PC経由で地図データを購入する予定ですが、金額などの詳細はこれからなので発売までのお楽しみということです。

この新インフォテインメントシステム、とてもこの記事内では紹介しきれない位の内容なのでこれに関しては発売開始後詳細にレポートしたいと考えていますが、全体のレスポンスも良好でコスパの高さも含め合格点が上げられるものです。

ステーションワゴン人気が再燃する

現在の世界の自動車マーケットではSUVが高い人気を誇っています。ステーションワゴンはSUV人気に押された格好になっていますが、最近ではトヨタのカローラツーリングや輸入車のプレミアムセグメントではステーションワゴンは一定以上の販売台数を維持しています。

何より高いユーティリティと立体駐車場への入庫制限もなく、さらにスポーティな走りも可能なステーションワゴンの人気が再燃しつつあると言えます。

日本のステーションワゴンをレガシィと共に牽引してきたレヴォーグの価格はまだ発表されていませんが、知れば知るほど輸入車では500万円以上するであろうその中身を予想では300万円台で実現したコストパフォーマンスの高さ、そしてアイサイトXが提案する先進安全装備の新未来は高く評価されるはずです。