はじめに

SUBARUは9月17日にインプレッサの一部改良を行いました。注目点はハイブリッドモデル、そしてスポーツモデルの追加にあります。特にスポーツモデルに関しては高性能なのにお買い得という側面を持っています。今回はこのグレードを中心にご紹介します。


大進化を遂げた現行型モデル

まず最初にインプレッサに関して簡単におさらいしておきます。現行型は第5世代となるモデルで5ドアハッチバックの「SPORT(スポーツ)」と4ドアセダンの「G4」を設定します。

特に現在のスバル車の多くに採用されている新世代プラットフォームである「SGP=SUBARU GLOBAL PLATFORM」を最初に搭載したモデルであり、同時に国産初となる歩行者保護エアバッグを採用するなど高い評価を得てきました。発売した年の「2016-17 日本カー・オブ・ザ・イヤー」も受賞しています。

注目はSPORTの追加グレード

今回の一部改良は前述したSPORTが中心、G4に関しては変更はありません。

15

フロントフェンダー後部に「e-BOXER」のエンブレムを装着します

その中で、SPORTには今回、同社の電動化技術である「e-BOXER」を搭載したグレードを追加したこと。同時に最上級グレードに該当するスポーティモデルの「STI Sport」も追加した点にあります。

ファンだけでなく注目のSTI Sport

新設定された「STI Sport」ですが、過去多くのスバル車に設定され人気となったシリーズのインプレッサ版になります。

STI Sportが人気の理由は足回りなどに代表されるチューニングの上手さにあると言われています。

ただ単純に足回りをガチガチに固めるという考えはもはや過去の物です。STI Sportは快適性をしっかり確保した上で、改めてタイヤをしっかり路面に設置させスムーズなハンドリングを実現してきました。

実際筆者も過去数台のSTI Sportを試乗した経験がありますが、その高いハンドリング性能に対して、常に驚きと共に感動したものです。例えば高速道路を運転中、無駄なステアリングの動きが発生しないことでドライバーの疲労軽減にも寄与します。さらにボディの揺れも少なく、乗員全体が快適に移動できる点などが挙げられます。