はじめに

まさにプロの仕事

今回は特に足回りに注目です。元々高い剛性を持つSGPにより高い基本性能は確保されています。これに新開発の専用ダンパーを搭載しました。

04

STIがチューニングしたSHOWA製のSFRDフロントダンパーを装着します

フロントにはサスペンションメーカーとして有名なSHOWA社のSPRDダンパーが採用されています。

少々難しい話になりますが、このSPRDというのは路面から伝わる振動(周波数)に応じて乗り心地を左右する減衰力を“自動調整”する点になります。

これをSTIがインプレッサ専用にチューニングを実施。SUBARUによれば、急な車線変更を行った際でも車両自体の安定性がしっかり確保でき、さらに通常走行時でも路面に張り付くような安心感が実現できるそうです。

ベース車両の性能の高さはもちろんですが、STIによるチューニングはまさに「匠=プロの仕事」と言えるものです。