はじめに

コンパクトハッチのヤリスとSUVとのクロスオーバーモデルとして登場したのがヤリスクロスです。人気のヤリスのいいところを受け継いで仕上げられたSUVはいったいどんなカーライフを提供してくれるのでしょうか。


ちょっぴりお洒落して出掛けたくなります

ヤリスを初めて乗って使ってみたとき“本当に良く出来ているなぁ”と思いました。とくにエクステリアの質感の高さには感心させられました。もちろん走らせてみればストレス無く本当に実用コンパクトハッチとして“よく働いてくれる1台”だということがすぐに理解できる内容です。

そして今回、少し遅れて登場したヤリスのSUV版、ヤリスクロスです。試乗会が開催されたのは横浜のみなとみらいエリアのホテルでしたが、その会場に向かう途中に他のジャーナリストが走らせるヤリスクロスとすれ違いました。その時に感じたのは「みなとみらいの都会的な雰囲気の中にあってもけっこう目立つなぁ」という印象でした。ヤリスのファミリーだからエクステリアの質感はそれなりに高いだろうとは思っていましたが、実際にこうした硬質な街並みの中で見ても、存在感があって目立っていたのです。

RAV4にも共通する台形を2つ重ねたフロントマスクは存在感あります

どちらかというと和風デザインではなく、洋風の香りのするエクステリアデザインが横浜という地に合っていたのかもしれませんが、ビル街を駆け抜けるその姿には安っぽさとは無縁の質感があったのです。フロントマスクのデザインはRAV4のような台形を上下に2つ重ね、共通性を見せています。

その仕上がりはヤリスよりもスッキリとしていて、無表情と言えば無表情なのですが、逆にその抑制の効いた渋めの表情が、大人の雰囲気を漂わせています。さらにサイドフォルムですが伸びやかで都会的な面構成と、フェンダー周辺やボディ下部の力強い盛り上がりとのバランスのとれた融合は新鮮なデザインだと思いました。

そしてリアのコンビネーションランプ周辺のデザインです。ハッチバックのヤリスでももっとも質感が高く、魅力的な部分だったのですが、ヤリスクロスでもそのデザインの上質感は受け継がれていました。ヤリスのシリーズとは言え、完全にSUVとして独立したデザインを与えられたエクステリア、かなり魅力的に感じました。都会はもちろんのこと、高原のリゾートホテルやシーサイドのレストランなど、ちょっぴり背伸びをしたくなるシーンにも気後れすることなく乗り付けられそうです。