はじめに

定額料金を支払うことで、一定期間のサービスが保証されるサブスクリプション(以下、サブスク)。日本では古くから新聞購読、雑誌の年間購読などがありましたが、ここ数年であらゆる業態が取り入れはじめ、各社より様々なサブスク商品がリリースされています。

もはや「サブスク戦国時代」とも呼べる今ですが、ここでは、それまでには想像できなかった特化型サブスク商品をここで5つご紹介。利用者目線で細かく見ていきたいと思います。


ワイシャツのサブスク

サラリーマンの方にとっての必需品・消耗品のワイシャツ。このワイシャツを「所有するのではなくレンタルする」という新提案を打ち出したのが、ワイクリンのサブスクです。

言うに及ばず、あらゆる衣類は洗濯が必要ですが、特にワイシャツは、クリーニングまたは家庭での繊細な洗濯が必須。洗濯の場合は、さらにアイロンかけが必要で消耗品の割に意外とメンテがかかるアイテムでもあります。

これらを一手に担うのがワイシャツ宅配クリーニングサービス「ワイクリン」のサブスクです。まず、月額8,800円〜(税別)を払うと20枚のワイシャツが送られてきます。1日1枚ずつワイシャツを着た後、専用の回収袋に溜めておき1ヶ月分を着終えたらまとめて返送(送料無料)するという流れです。

ちなみに、ワイクリンが提供するワイシャツは全て大手国内メーカー製。また、クリーニングマイスターによって念入り消臭・抗菌されたものだけが提供されるので、衛生面でも安心です。

sabusuku_03クリーニングマイスターによって念入りに消臭・抗菌されたワイシャツのみが利用者に送られてきます

ところで、月額8,800円(税別)を20枚で割ると、1枚あたり440円(税別)。この金額で「レンタル」するという計算になります。

日常的にワイシャツを着る人であれば、常時複数を所有しておかないといけません。それらをうまくローテーションさせながら使い回し、さらにクリーニングの手配もしなければなりません。保管時の管理も結構気を使うものです。

ワイクリンではこの面倒臭い「ワイシャツをめぐる問題」を、1枚あたりたった440円(税別)で一手に担ってくれるわけですから、利用する価値は十分ありそうです。特に近隣にクリーニング店やブティックがない地域の方にとっては、ありがたいサブスクと言って良いでしょう。