はじめに

9月30日にパイオニアから通信機能を搭載した市販初となる「ドライブレコーダー+(プラス)」が発表されました。通信機能が搭載されることで私たちのカーライフがどのように変わるのでしょうか。商品の概要と共に解説します。


販売好調のドラレコ市場

今回発表されたドラレコの新製品。オンラインで行われた記者発表会では冒頭にパイオニア側から市場動向、一方で日々ドライバーが不安に思っている点についての調査発表が行われました。

1オンライン記者発表会ではパイオニアの担当役員からドラレコ市場の現状について説明がありました

現在カー用品の中でも特に販売が伸びているドラレコ、資料によれば消費者向けのドラレコの販売台数は2017年の109万台に対し、2019年には177万台と大きく伸びていることがわかります。

本来の利用目的である万が一の事故やトラブル時の記録に対してのニーズは当然高いのですが、売れている原因のひとつが昨今、社会問題化している「あおり運転」があることは否めません。もはや道交法だけでは自分を守るのも難しい中、ドラレコは必需品と言っても間違いないでしょう。

## パイオニアが持つ膨大なデータを活用

これらの問題を受け、従来のドラレコではできなかった緊急時における安心と安全をプラスしたのが今回の新製品です。

元々パイオニアはカロッツェリアブランドで通信対応カーナビ、また業務用のモビリティサービスなど長きにわたり高い実績や膨大なデータを所有しています。

新製品には、これらのノウハウを活用した「インテリジェント・パイロット」と呼ばれる機能を搭載しています。