はじめに

結果論として、マスクを拒否し、マスクをつけないことを推奨し続け、マスク無しでの遊説を各地で続けていたトランプ米大統領が新型コロナウイルスに感染することは必然であったのかもしれません。

トランプ大統領の感染は、市場にどんな影響を与えるのでしょうか。

<写真:アフロ>


史上最悪のテレビ討論会

史上最悪とも言われる9月29日(火)の第1回米大統領候補テレビ討論会後、市場関係者の評価は、「双方のけなし合い討論会に勝者無し」との見方が強まりました。とはいえ、市場関係者には米共和党支持者が多いので、その分は割り引いて評価しなければいけないかもしれません。

第1回討論会を迎える前の懸念として、バイデン元副大統領の年齢が挙げられていました。トランプ大統領の間髪入れずの恫喝トークに、バイデン候補は沈黙が続いてしまうとの予想もあったぐらいです。

しかし、トランプ氏のヤジ・恫喝に臆することなく応対していたことで、年齢の懸念を払しょくできたのではないかと筆者は考えています。この懸念を払しょくできたことで、どちらに投票するか決めかねていた米国民には、バイデン候補が優勢だったかのように見えたかもしれません。

どちらが優勢か判断できない、TV討論会後の煮え切らない状況の中、日本時間10月2日(金)13時54分、にトランプ大統領が「自身とメラニア夫人の新型コロナウイルス陽性」をツイッターで公表しました。既にトランプ大統領は、側近中の側近であるホープ・ヒックス大統領顧問の感染を受けて、自主隔離を発表していました。本人の陽性発表の衝撃は大きく、日経平均は一時1%を超える下落となりました。

米9月雇用統計、回復ペースは鈍化

この日の午前中まで、市場の注目が米9月雇用統計一点に集中していたと筆者は感じていましたが、トランプ大統領感染報道で、誰も米雇用統計の話をしなくなってしまった。

8月に比べ、米サンベルト地域での新型コロナの第2波懸念がやや小さくなってきていた9月の米雇用統計が発表されました。事業所調査ベースの非農業部門雇用者数増減は、市場予想の85万9000人増人に対して、かなり弱い66万1000人増にとどまりました。ただ、8、7月分の上方修正が合計で14万5000人増だったので、ヘッドラインほどは弱くなかったと市場は後で気付いたかもしれません。

筆者は、米雇用統計調査週(12日を含む週)の8月と9月の米失業保険継続受給者数の増減から、170万人程度の増加を見込んでいましたが、大きくはずれる結果となってしまいました。