はじめに

マセラティとゼニアというイタリアの名門同士が組んで仕立てたプレミアムSUV、レヴァンテ・Sグランスポーツ・ゼニア。高級車の世界も走りの性能だけでは飽き足りない、プラスαの魅力を携えたクルマとは果たして……。


高級車と高級ファッションがコラボ

もはやプレミアムブランドにとってもSUVは、必須要件のようになり、必ずと言っていいほどラインナップされています。ドイツの高級車ブランドはもちろんのこと、ロールスロイスやベントレー、あのランボルギーニやマセラティといったところにも魅力的なSUVが並んでいます。

そんな中で今回の注目車はイタリアの名門、マセラティが仕上げたレヴァンテです。このクルマは100年を超えるマセラティの歴史の中で初めてのSUVとして2016年3月に登場しました。日本導入も同じ年に発表され、価格は1,080万円からというものでした。

当時はマセラティ初のSUVということでイタリア車好きを中心に話題となりました。それから4年、プレミアムSUVがこれだけ世の中に溢れてくると、いくら名門の作とはいえ、注目度をこれまで以上に上げるには走りの性能だけでは、話題性はいささか希薄。そこでクルマメーカーが時々やることなのですが、ファッションブランドとのコラボ企画を考えました。イタリアンカートとなれば当然ファッションブランドもイタリアン。

それもマセラティのブランド力を考えれば、高級ブランドとなります。そこで選ばれたのが1910年にエルメネジルド・ゼニアによって創立されたイタリア屈指のファッションブランド、「エルメネジルド・ゼニア(以下ゼニア)」でした。スーツの中心は30~50万円ほど、スニーカーでも10万円前後がザラというブランドです。

以前にもランボルギーニとジャンニ・ヴェルサーチ、フィアットとグッチやディーゼルというコラボもありましたが、マセラティもやはり、自らのブランド力にふさわしいファッションブランドと手を組んだことになります。実は2015年にも両社はコラボをやっていて、今回が2度目の企画となります。