はじめに

現在、BMWは地球環境保護に向けた「Joy+(ジョイプラス)クリーン・エネルギー・プロジェクト」という取り組みを行っているのですが、これに対応させるクリーンディーゼル車やプラグインハイブリッド車など、厳選した車種に対し「Edition Joy+(エディション・ジョイプラス)」のグレードをラインナップしています。

このグレードの最大の特徴は従来からのグレードに対し、ズバリ値下げをすることで買い得感を大幅に高めていることが特徴です。

そしてこの2シリーズグランクーペにも2グレードの218d「Edition Joy+」を設定、標準的な218dのPlayというグレード比較でも「Edition Joy+」は28万円も車両価格が安くなります。従来までのガソリン車も魅力ですが、購入時にはこれをまず最初にチェックすることをオススメします。

[PR]NISAやiDeCoの次は何やる?お金の専門家が教える、今実践すべきマネー対策をご紹介

この記事の感想を教えてください。