はじめに

モーターを搭載する“電動化”は世界中のメーカーで急速に進んでいます。ただそれにはいくつもの方法があり、味つけの違いによって、メーカーならではの個性を生み出しています。今回のボルボXC40 T5もまさにそれがわかる1台です。


ボルボに乗るとなぜかホッとします

例に漏れずボルボの電動化は着々と進んでいるようです。今回のテストカー、XC40も現在では、すべてのグレードが“ハイブリッドモデル”と、なりました。そんな中からセレクトしたT5はプラグインハイブリッド(以下、PHV)のモデルです。ここから先は少しだけややこしいのですが、まずは整理してお話したほうがいいと思いますので、少しだけご辛抱を。

現在、ボルボの大切な稼ぎ頭であるXC40は大きく分けると、B4、B5、そしてT5と3タイプに分けられます。電動化ということで考えると、すべてがハイブリッドなのですがB4と、そのハイパワーモデルのB5は、マイルドハイブリッドと呼ばれるタイプ。モーターはエンジンのサポート、スターター、そして回生時には発電機などの働きをするシステムです。ただしモーターだけでの走行はできません。残るT5は、前述したようにPHVです。外部充電が可能ですし、モーターはエンジンのサポートや発電だけでなく、モーターのみの走行もできます。

XC40全体を俯瞰してみると、B4にはFF(前輪駆動)もあれば4WDもあり、価格面でもリーズナブルなベースグレードです。その価格帯は409万円から539万円と広く、売れ筋といえます。

コンパクトなボディの軽快さを感じるサイドのデザイン

つぎにB5ですがエンジン出力などがB4よりパワフルです。B4のエンジンが197馬力であるのに対し、B5のエンジンは、排気量こそ2Lと同じですが250馬力を発生します。B4のスポーツバージョンというポジションで、価格は589万円の1タイプです。

そしてT5はというとPHVであり、価格も649万円の1タイプですが、シリーズでもっとも高額となっています。実はこのT5、正式にモデル名を書くとXC40リチャージ・プラグインハイブリッドT5インスペクションという感じで、やたらと長いのです。現在のところT5はPHVだけということになります。