はじめに

「婚約」が成立していたかどうかは判断がむずかしいとよく言われます。婚約破棄をした、された場合はふたりで話し合うのがいちばんですが、指輪を送った時点で彼の態度が一変し、危うく騙されそうになったという女性がいます。


指輪はもらったけれど

1年前、8ヵ月ほどつきあった彼からいきなり婚約指輪を贈られたというキミカさん(35歳)。

「彼は早く結婚したいとそのとき言いましたが、私はそれが婚約指輪だという認識が乏しかった。結婚したいね、というのはプロポーズではないと思ったから。実際、彼はその後、結婚式の話をするわけでもありませんでした」

ただ、その話は親しい友人たちにはしたそうです。周りはみんな婚約したのだと思い、祝福してくれたといいます。

「でもそれから彼の態度が一変したんですよね。そのころ半同棲状態だったのですが、私が女友だちと食事をしていると、何度も電話をかけてきて、早く帰れって。自分が待っているからではなくても、です。彼は会社にいたり友人と食事をしていたりするのに、私にだけ早く帰れという。その友人の中に男がいるんじゃないかとか、他の男と親しくしているかもしれないからスマホを見せてと言ったり。急に束縛するようになったんです」

つきあいはじめたころに彼を女友だちに紹介していたので、キミカさんが「彼に束縛されている」と言っても誰も信じてくれませんでした。あんな素敵でやさしい人はいないと思うと逆に諭されることもあったそうです。

指輪をもらってから2ヵ月後、キミカさんと彼は些細なことから口げんかになりました。

「そのとき彼が、『だいたいキミカは男とみれば媚びるような目で見つめるじゃないか』とか、『オレの知らないヤツと飲みに行ったりしないでほしいんだ』とか、言いたい放題。最後は、『他にも男がいるんじゃないか』という言葉が決定打になって、私は彼の家を飛び出して自分のアパートに戻りました」

それから1週間、彼からの連絡はありませんでした。