はじめに

完成された宿の隙の無いサービスは確かに魅力的。一方、高みを目指そうとトライする宿のワクワク感にも興趣が尽きません。後者の場合は開業したばかりの高級宿というケースが多いです。同時にこうしたケースでは、料金設定が高い宿ほど利用するのにはある種ギャンブル的要素もあります。印象に残ったホテルや旅館をレポートする本連載、三重県は湯の山温泉の開業間もない宿のレポートです。


湯の山温泉 素粋居にチェックイン

湯の山温泉

三重県菰野町にある湯の山温泉は、名古屋から近鉄特急で四日市へ、趣ある近鉄湯の山線でアクセスします。

東京からだと少々遠いイメージもありますが、車であれば新名神が開通し菰野ICができたことで格段にアクセスアップとなりました。筆者個人の話で恐縮ですが、湯の山温泉といえば公共の宿的な日帰り温泉に出向いたことはあるものの、宿泊経験はありませんでした。三重県で会社経営をする友人から「素晴らしい宿がある」という話を聞いたのが10月のこと。車で11月末に京都へ出向く用事があったので帰路宿泊してみることにしました。

そのお宿は「湯の山 素粋居」。京都からの帰路、新名神菰野ICを降りて向かいました。全て異なるコンセプトである12棟の離れで構成されていますが、到着して感動的だったのは離れに車を横付け出来ること。チェックインも客室なのでパブリックスペースを一切経ることなく、大袈裟にいうと自宅玄関から宿の客室へダイレクトアクセスできるプライベート感が嬉しいところ。