はじめに

リゾートホテルといえば高級感も大切な要素ですが、沖縄・石垣島で知られたインターナショナルブランドホテルで新たな棟が誕生、ホテル通の間で密かに話題になっています。ホテル評論家が出向いた印象的なホテルをレポートする本連載、今回は「ANAインターコンチネンタル石垣リゾート」の新たなサービスをレポートします。


専用フロアではない“専用棟”

ホテル上級者にとってクラブフロア、エグゼクティブフロアは馴染み深いかもしれません。チェックイン手続きからはじまり一般のゲストとは一線を画すサービスの提供が受けられます。中でもラウンジサービスは魅力的。スイーツが愉しめるアフタヌーンティーからシャンパンやオードブルで夜のひとときを過ごせるできるカクテルアワー、ゆったりした空間で朝食を満喫できるなど、宿泊料金に含まれていることもありある種お得感があるともいえるでしょう。

インターコンチネンタル

“フロア”と書きましたが、一般のこうしたホテルでは特定のハイフロアで専用フロアが設けられていることがほとんど。ところが、2020年7月に誕生したANAインターコンチネンタル石垣リゾートのクラブインターコンチネンタルは“1棟まるごとクラブインターコンチネンタル”。棟へのアクセス権が専用キーなので、建物にいるゲストは全てクラブインターコンチネンタルのゲストです。

インターコンチネンタル

すなわちラグジュアリー感満点のクラブラウンジもいい意味で特別感がない=滞在全般にラグジュアリー訴求しており、シームレスでストレスフリーもテーマ。さらに、クラブインターコンチネンタル プールなども設けられ、クラブインターコンチネンタルのゲストだけがアクセスできる特別感に溢れた専用施設が併設されています。