はじめに

中国の化粧品市場は拡大が続いています。経済成長に伴って所得水準が向上した中間層が厚みを増しており、2019年は388億ドル(日本円で約4兆円)まで拡大。2025年には約690億ドルに達する見通しで、19年に比べて約8割増える見込みです。

また、全世界に占める市場シェアも19年の21.4%から25年には29.5%まで拡大する見通しです。市場規模的には世界最大ですが、これまで中国ブランドへの信頼性が低かったことから、「自国メーカー不毛の地」とみなされていました。

1


中国若者の国産の化粧品志向が強まる

これまで中国市場では、仏ロレアルや米エスティ・ローダーなど欧米企業などの海外勢が高いシェアを占めていました。しかし最近では、特に若者世代を中心に国産の化粧品を好む層が増え、国産メーカーの市場シェアが徐々に高まっています。

実際、「南方都市報」などの調査によると、90年以降に生まれた「Z世代」の約7割の消費者は、自国ブランドを信頼していると報じています。こうした若者世代の消費動向の変化は、これからの中国化粧品市場を展望する上で重要なファクターになると思います。

2