はじめに

2013年にフルモデルチェンジを行ったレクサスのスポーツセダンである「IS」が2度目のマイナーチェンジを行いました。2019年4月に完成した自慢のテストコースで鍛えられたそのハンドリングはフルモデルチェンジ級と言えるものです。


気合いの入り方が違う

これまでも年次改良や2016年にサスペンションなどを含めたマイナーチェンジを行ってきたISですが、本来であれば新型導入から7年以上経過していますので、フルモデルチェンジのタイミングなのかもしれません。ただ、日本に限って言えばIS自体の販売台数は決して多くはありません。もちろん、国産セダン市場がシュリンクしている中、同門のクラウンですら昔のように売れない現実もあります。

ただライバルとして取り上げられることの多い、メルセデス・ベンツCクラスやBMW3シリーズ、アウディA4などの欧州勢の販売は堅調と言えます。

その中で現在あるリソースを活用しつつ、新しい走りの世界をどう表現するか、前述したようにレクサス(トヨタ)は愛知県豊田市下山地区に車両開発用のテストコースを開設しました。世界の自動車メーカーの聖地とも呼ばれるドイツのニュルブルクリンクサーキットからインスピレーションを得た全長約5.3km、高低差約75mというコースを使い、フルモデルチェンジを行わなくても徹底的にハンドリング性能を磨き込むことで、ライバルに勝つだけで無く、新しいレクサスの走りを表現できると確信したわけです。

試乗したのはIS300“Fスポーツ”、車両本体価格は535万円(オプション除く)です