はじめに

昨年公開された「劇場版 鬼滅の刃 無限列車編」が、コロナ禍でありながら社会的なブームとなり、日本における映画の興行収入ランキングで1位となりました。

日本の映画における歴代興行収入ランキングを調べてみると、ランキング20位の内、9作品がアニメ作品で内2本がディズニー作品、残り7本が日本のオリジナル作品でした。

邦画実写映画はなんと1作品のみと、日本国内においてはアニメの影響力の高さが際立っています。


米テスラのイーロン・マスク氏もアニメファン⁉

海外でもアニメの人気は上昇の一途を辿っています。特に、新型コロナウイルスの流行により巣ごもりとなったことで、アニメの視聴機会が増えているようです。現在、多くの国や地域の動画配信サイトで日本のアニメ作品が上位を占めています。

その影響力は大きく、 フィリピンで日本のアニメ「超電磁マシーン ボルテスV」が実写リメイクされる話も出ています。

さらに、1月13日にはテスラやスペースXを手掛けるイーロン・マスク氏が「アイドルマスター」のキャラクターの1人である輿水幸子の画像をツイッターに投稿して大きな話題となりました。その影響か、ツイート当日「アイドルマスター」の版権を持つバンダイナムコホールディングスの株価が大きく上昇するといったことも起きています。

これらの事例だけでも、海外においても日本のアニメが大きな影響力を持っていることが分かると思います。

動画配信サービスによって変わるアニメ

実はこれまで、日本においてアニメはヒット作しか儲からないシステムとなっていました。というのも、収益のほとんどをDVDやBD(ブルーレイディスク)の販売に依存していたからです。

しかし、近年大きな変化が起こっています。それは、Netflix(ネットフリックス)やAmazon Prime Video(アマゾンプライムビデオ)などの動画配信サービスの拡大です。この動画配信サービスにより、アニメが儲かるビジネスに変化しつつあります。

今までは、コンテンツの市場規模が成長していなかった日本で戦っていたものが、世界で視聴されるようになったことで潜在市場規模が拡大しています。今後は、インターネット配信権による収入が大きくなっていくことに期待できるでしょう。

さらに昨年、ソニーが日本のアニメ・ドラマ・マンガなどのコンテンツを提供する配信サービスを運営している「クランチロール」を買収しました。これにより、日本のアニメの世界展開が加速することに期待できるのではないかと見ています。

<写真:AFP/アフロ>