はじめに

ジャガー・ランドローバーには、ラインナップ中でもっともスポーティで豪華で、そして最強といった特別なモデルを製作するビスポーク部門「SVO(スペシャル・ヴィークル・オペレーションズ)」があります。そこからリリースされるモデルには「SVR」というエンブレムが与えられ、特別感満載なのです。今回はその中でもとくにゴージャスにして最強モデルに試乗しました。


装備も値段も最強級

ジャガーでもランドローバーでもSVRというエンブレムが貼られたモデルは、すべての部分でブランドを代表する最強モデルということになります。例えばメルセデスならばAMGといったところでしょう。今回のテスト車両は、そんな中でも軽量化のために、全身にカーボンファイバーをまとった仕様です。

カーボンという素材の特長ですが、鉄と比較すると引張強度が約10倍という高強度でありながら比重は約1/4と超軽量です。軽量も重要な性能のひとつと言われるクルマにとって、フルカーボンのボディは走りのパフォーマンス向上に役立ちます。

4本出しのエギゾーストパイプなど、これ見よがしではないがスーパーSUVにふさわしいリアスタイル

一方で加工や製造が難しいと言うこともありかなり高価になります。例えばランボルギーニやマクラーレンなどにもフルカーボンボディのスーパースポーツがありますが、どのモデルも2,000万円台中盤から3,000万円オーバーがズラリと並びます。

ちなみに試乗車は2020年モデルのカーボンだけでなく、特別カラーや豪華装備など満載です。例えば「SVRカーボンファイバーエクステリアパック」が96万7,000円、「カーボンファイバーインテリア」が23万1,000円、「カーボンファイバーエンジンカバー」が32万2,000円などなど。さすがにフルカーボンボディではないですが、ざっと見ただけでも150万円あまりのカーボンに関するパーツが装着されていることになります。

これにスペシャルなボディカラーや22インチホイールやシグネチャーエンターテインメントパックなどなど満載状態で、総額592万3,000円のオプションがテスト車両には装備されています。それにしてもオプションだけで国産プレミアムカーが購入できるほどです。もちろんこのオプション価格が、ベース車両の1,723万円にプラスされることになるのです。