はじめに

3月は日経ジャスダック平均株価の値動きの好調さが目立ちました。3月9日から22日まで12営業日続伸し、2020年1月以来、約1年2か月ぶりの高値水準となりました。12営業日続伸は、2020年5月15日から6月2日の13営業日続伸以来の記録です。

一方、日経平均株価は30年半ぶりに3万円の大台を回復してからは上値の重い展開でした。今回は3月のJASDAQ市場を振り返りながら、中小型銘柄の分析に役立つ情報をご紹介します。


3月のJASDAQ市場を振り返る

JASDAQ市場全体の売買代金において、売買代金の上位10銘柄、上位20銘柄、JASDAQ-TOP20採用銘柄の合計売買代金が占める割合を調べてみました。背景が黄色に網掛けされている部分が、日経ジャスダック平均株価が12営業日続伸した期間です。

JASDAQ-TOP20は、JASDAQ市場に上場する銘柄の中から、時価総額、流動性、営業利益、配当金等を考慮して選定した20銘柄を対象とした株価指数です。つまり、JASDAQ市場での主力銘柄ということになります。

記録的な上昇が続いている期間において、主力銘柄の売買代金は増加基調であった一方、売買代金上位10銘柄、同上位20銘柄の合計売買代金が占める割合は低下傾向にあります。このことから、物色対象が分散していることが示唆されます。