はじめに

7月23日に東京2020オリンピックが開幕し、各国選手の熱戦が報じられています。足元では新型コロナ感染症への不安感が解消されず、不透明感が強い状況から株価は苦戦している状況です。秋には衆院選があることも踏まえると、今後、政治面での動きが活発化していくことが予想されます。

岩井コスモ証券では、(1)ワクチンの接種状況、(2)未消化予算及び補正予算の動向、(3)過去最高となった税収、の3つに注目し、今回のコロナ感染症による負の影響を大きく受けた業界を救済する効果が大きいGo To キャンペーンに注目するべきだと考えています。


Go Toキャンペーンは未消化の予算が多い

Go To キャンペーンとは、トラベル、イート、イベント、商店街の主に4つのキャンペーンを通じて、人の流れと街のにぎわいを創り出し、地域を再活性化するための需要喚起を行うものです。新型コロナ感染症の再拡大によって、Go Toキャンペーン事業は中止を余儀なくされており、予算が未消化となっています。

幅広い業界が、新型コロナ感染症による負の影響を長期間に渡って受けています。一方で、2020年度は過去最高の税収60.8兆円と税収見通しを5.7兆円も上回りました。好調な業界も多かったことから二極化が進むK字型経済となっているようです。そのため、K字型経済の是正を図る目的で令和3年度補正予算としてGo Toキャンペーンへの予算追加が期待できるでしょう。

政治面から見ると、東京都議会議員選挙の結果が予想より悪く、自民党の支持率が低迷していることから、支持率回復のために世論に対して受けが良いと見られるGo Toキャンペーンが打ってつけなのではないかと見ています。