はじめに

手間も時間もかかりそうで、つい後回しにしがちなエアコンの掃除。その結果、大掃除の季節になるまで一度も掃除してこなかったという人も多いのではないでしょうか。

エアコンは、室内の空気を取り込んで循環させているため、部屋に浮遊しているホコリやダニなどの汚れも吸い込みます。手入れをせずにそのまま放っておくと内部にカビが発生することも。とはいえ、自己流で掃除してしまうと故障の原因になるおそれがあります。

そこで、家庭でできるエアコンのお手入れ方法について、エアコンを知り尽くしたプロフェッショナルに教えてもらいました。エアコンにどのようなサインが出たら専門業者にクリーニングを依頼した方がいいのでしょうか。


使えば使うほど汚れが付着するエアコン

暑い夏にも寒い冬にも欠かせないエアコン。頻繁に利用していたのに、シーズンが過ぎて使わなくなると、お手入れすることをすっかり忘れてそのまま放置してしまっている人もいるのではないでしょうか。

エアコンは、使えば使うほど室内のほこりやダニなどを吸い込み、フィルターに汚れが付着。特に夏の冷房使用時は、エアコン内部に湿気がたまり、カビが発生しやすい環境になっているといいます。お手入れせずにそのまま放置していると、稼働していない間にエアコン内部でカビが繁殖。冬の暖房稼働時にそのカビが吹き出してくることも。

寒さが本番を迎え暖房をフル稼働させる前に、きちんとしたお手入れでエアコンを清潔に保ちましょう。

[PR]NISAやiDeCoの次は何やる?お金の専門家が教える、今実践すべきマネー対策をご紹介